「教員展」油画教員の作品ご紹介

 2回目となる今回は「油画」教員の作品について、展覧会の様子を一部お届けします。是非、最後までご覧いただけますと幸いです。


■橋野先生

Fog

柔らかい色とシャープな形がとても綺麗です。





Fogのタイトル通り、色から感じる温度感の静かで澄んだ、霧がかった空気が思い浮かびます。楕円形の画面も目を惹きます。同シリーズで、シルクスクリーン(版画の一種)作品もございます。油彩描写とはまた違う魅力があります。合わせてお楽しみください。


■吉田先生

〈かタマり〉

どこかで見覚えがある作品が、、




去年開催した自主企画展「From Soup to Nuts」では当館のお庭に展示した作品です。展示方法によって変化する見え方が面白いです。上の方にある縦ストライプの作品、離れてみると全て黒の線に見えます。

が、近寄ってみると?




一番下の縦線は茶色、その上は灰色と、しっかり塗り分けて描かれた線でした。遠くから見るとただの黒に見えますね。作家本人が一番驚いていました。




これも見ていると、白い丸に黒色の丸がチラチラ見えて驚いた作品。



■矢野先生

〈ながめ〉

目を惹く美しい赤です。鮮やかな色ですが、ずっと眺めていたくなる不思議な魅力のある作品です。



近寄ってみると、反対色が入れられていたり、厚塗りした箇所、削った部分など、様々な発見があります。





ですが、離れてみるとその沢山の要素が混ざり合い、調和しています。

最初、図録作成のため画像では作品を拝見しておりましたが、一番画像と実物の印象の差が大きかった作品です。画像で伝わらないのが本当に残念です。こんな印象的な赤は初めてでした。

前回紹介した日本画教員、鈴木先生〈未来航路〉の近くに展示しておりますが、ならんだ時の色のコントラストが非常に素敵でした。〈未来航路〉のくすんだ緑と、矢野先生作品〈ながめ〉の赤が美しく、個人的にお気に入りポイントです。



■小野先生

〈再編層〉

小野先生は様々なジャンルにアンテナをはり、常に情報をインプット、アウトプットしている印象です。もちろん本もよく読まれており、以前お見かけした際は自分が気になった箇所に付箋をはり、沢山メモもされていました。

よくよく見ると、これは本の表紙でしょうか。



「近代絵画の〇〇たち」?読めるようで読めませんでした。



本の裏表紙のバーコードと思われる要素もあります。




タイトルの〈再編層〉から、複数のイメージを「層」として編成し直したものだと予想しますが、膨大な知識量から、どうやってこの要素を選んだのか気になります。

色の層同士のキレ、配色バランスも美しいです。横並びで9点展示されていますが、単体、シリーズ全体、どちらで鑑賞しても非常に格好いい作品です。



■稲川先生

〈Candid - shot psyche[1]-[50]〉

当館一番奥にある第3展示室。入ってみると、おや?



なにやらモニモニしたものが床に。



表面もキラキラしています。

気になったので先生に作品についてお伺いすると「聞いたら後悔すると思うから言わない(笑)」と、教えてもらえませんでした。非常に気になります、、これはどんな作品なのでしょうか、、



これ以外にも様々なイメージをコラージュしたものが床に広がっています。構成してある1つ1つは日常生活で見かけるものばかりですが、この様にコラージュされると新しい、何か別のものとして認識してしまいます。タイトル〈Candid - shot psyche〉はGoogle翻訳にかけると「率直なショット精神」でした。後悔してもいいので、作品について一回聞いてみたいですね。










お、猫



めりこんだ猫にめりこんでない猫がくっついていました。
油画編、これにておしまいです。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
次回はデザインコースの教員作品をご紹介します。
お楽しみに。


0 件のコメント:

コメントを投稿