稲川豊個展企画「符と思い、あちらを見る」アクリル・ブロック配布について

 現在、本館で開催中の稲川豊個展「符と思う|eASY mECHANISM」で行っている企画「符と思い、あちらを見る」についてご紹介します。

「符と思い、あちらを見る」では、いくつかの条件に同意していただける方にアクリル・ブロックをお土産としてお渡ししています。


稲川豊 個展「符と思う|eASY mECHANISM」は11月12日(土)から!

当館で、11月12日(土)〜12月25日(日)、本学油画コース准教授、稲川豊個展「符と思う|eASY mECHANISM」を開催いたします。





本展において稲川は、社会構造におけるヒエラルキーや簡略化された属性が生み出す認知的歪みについてや、デジタル世界や来世、異文化理解などの“彼岸”との概念的往来を考察することを意図し、独特な詩的展開図を構築することを試みます。

絵画、彫刻、映像、写真、デジタル・プリント、インスタレーション、バイリンガル(日/英)な断片的テキスト、展示会作りに関わる諸要素など、様々なメディアの表現言語や、物理的な実在と虚のあり方を操作する創作プロセスは、可謬性や多義性を祝福するものであり、展覧会フォーマット自体を一つの表現メディアとして捉えた、アーティスト・キュレーションの実践として提示されます。













本展の軸の一つとして会場中心エリアに映写される、2022 年頭に撮影されたシングルチャンネル・ビデオMeet the Sealion 17: 49)は、尾道出身、20 世紀の画家小林和作の旧宅で撮影され、屋内に保存されている家具や食器など、和作ゆかりの品々が様々な介入物と交差し、新たなタイムラインを構築します。





映像は、2022年、稲川がフォローしていた一連のツイッター上のやりとりを足がかりに創作された詩的スクリプトの各段落に対応する 23 のセグメントで構成されています。この映像を経由し、または迂回しながら、様々な要素が異なるレイヤー上で交差する複合的表現領域をお楽しみください。


また、会期初日の11月12日(土)は17時から1時間半、アーティストトークを開催予定です。今回は稲川先生と、モデレーターに広島市現代美術館 学芸員の角奈緒子さんをむかえ、本展覧会、作品、その制作背景等についてお話ししていただきます。

予約制となりますので、メール(mou-s@onomichi-u.ac.jp)、もしくはお電話(0848-20-7831)にてお問い合わせください。まだ枠はございますので、皆様のご参加お待ちしております。

※11/10(木)、11(金)は職員不在につきお電話対応、メール返信できません。ご了承ください。


また「符と思い、あちらを見る」企画を同時開催いたします



本企画は展覧会「符と思う|eASY mECHANISM」の一部で、条件に同意していただける場合、「符と思い、あちらを見る」アクリル・キューブを1つお土産としてお持ち帰りいただけます。

条件詳細などはこちらをご確認ください。(稲川先生のHP、関連ページに飛びます)





【次回】

「符と思う|eASY mECHANISM」  


2022年 11月12日(土)〜 12月25日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)

入場無料

本大学美術学科油画コース教員・稲川豊による個展です。

「In Focos 13 −卒業生の現在−」現在開催中!

こんにちは。

当館では、本日9月10日(土)から10月23日(日)まで「In Focos 13 −卒業生の現在−」を開催中です。

本展覧会は、尾道市立大学を卒業・修了後、創作活動をしている若手作家を紹介する企画で2010年より回を重ね、今回で13回目を迎えます。卒業生支援を重要な目的として掲げているMOU尾道市立大学美術館において、最も注目すべき企画展のひとつです。

出品作家である時任美佳(日本画)、奥野恵理(油画)、佐藤勇(デザイン)の作品を、今回はスタッフKが紹介します。


時任さんは日常にあるショーウィンドウや、鯉のぼりなど季節が感じられる風景を描写しています。



他にも、パンやドーナツが描かれた作品があり、思わず見終わった帰りに買いに行きたくなるような、暖かく、柔らかい作品となっております。





奥野さんの作品はどれも不思議な世界が広がっており、思わず「彼らはなぜこんな形をしているのだろう?」「どんな暮らしをしているのだろう?」と想像力を掻き立てられます。



ファンタジックで可愛らしい画風の中に、ひと匙の奇妙さが含まれ、遠くで見ても、近くで見ても発見のある面白い作品となっています。




佐藤さんは商業誌で連載を手掛けるプロの漫画家です。今回は読み切り作品や連載作品の原画を展示しております。緻密な線画と、丁寧に貼られたスクリーントーンによって力強い画面に仕上がっています。




アイディアノートには、普段見ることのできない漫画制作の過程を見ることができます。

展示されている完成作品のプロット(物語の構想文)、キャラクターデザイン、ネーム(漫画を描く際のコマ割り、コマごとの構図・セリフ・キャラクターの配置等を大まかに表したもの)などが展示され、自由にご覧いただけます。

完成作品に至る綿密な工程から、佐藤さんの制作に対する気迫を感じます。





作家の追求する世界観を同じ空間でご覧いただくことで、各自の作品性をより鮮やかに感じ、全く違った面白さを味わうことができます。

9月になり少しずつ出歩きやすくなってきた今、お散歩のついでにいかがでしょうか?

ご来館お待ちしております。


【現在開催中】

「In Focus 13 -卒業生の現在  

2022年9月10日(土)〜 10月23日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日

入館無料

本学を卒業・修了し、各分野で活躍している新進作家、時任美佳(日本画)・奥野恵理(油画)・佐野勇(デザイン)の3名を紹介します。



【次回】

「符と思う|eASY mECHANISM」  


2022年 11月12日(土)〜 12月25日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)

入場無料

本大学美術学科油画コース教員・稲川豊による個展です。




「ミッション・イン・ミュージアム2022」当館ミッション受付中!

尾道市内6館の美術館・博物館から成る「尾道市美術館ネットワーク」の新たな取り組みとして、新しい企画を立ち上げることとなりました。


タイトルは「Mission In Museum ミッション・イン・ミュージアム 2022 −目指せ!!おのみち子ども学芸員!!−」


対象は小学校5年生〜6年生。
全6館のうち3館のミッションをクリアすると「おのみち子ども学芸員」認定書をゲットできます。(集計はこちらで行いますので3館クリア後、申請の必要はございません)

当館では「仏像ってなんだ?」入門編、挑戦編、2つのミッションを行います。
宗教的な側面ではなく、美術作品として見てみるきっかけになればなれば幸いです。
仏像の種類、昔は色が塗ってあったこと、国ごとのお顔の違いなど簡単にお話ししつつ、仏師になったつもりで手を動かしてもらうワークショップにする予定です。
職員の私は、大学の授業で仏像や日本美術史を学ぶ内に、仏像の美しさ、鑑賞することの楽しさを知りました。祖父が住職のため、お寺や仏像は身近にありすぎで、当時鑑賞するという意識が低かったです。今ではもっと早くこの魅力を発見できていればな、と感じることもしばしば。(過去にあった「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」では誘ってもらったのに私だけ行かず家族が帰ってくるまで家で待つなど、作品も展示方法も滅多にないものだったので、何とも苦い記憶です。。

難しく感じる分野も、初めから多くの知識・教養がある必要はないと思います。
必要なのはちょっとした発見や疑問を見つけることで、そこから思いもよらない場所に興味の幅が広がり、これまでに無かった引き出しが自分の中で増えていきます。
多様な分野の引き出しを作ることは、今後の人生を豊かにしてくれたり、悩んだ時の意外なお助けアイテムになったりもします。





参加された方には記念品としてキラキラ光る仏様シールをお渡し予定です。
とても素敵な仕上がりになりそうなので、こちらもお楽しみに。。

カリキュラム展始まりました!

当館では、7月18日から8月21日まで「CURRICULUM −尾道市立大学美術学科 授業作品展−」を開催中です。

本展覧会では、尾道市立大学美術学科の各学年の教育課程(カリキュラム)の中で制作された作品を展示しています。日本画・油画・デザインのそれぞれの授業での取り組みをご覧いただけます。


各コースの各学年の作品が展示されているとあって、ボリューム満点の展示となっています。平面や立体、映像といった色々な様式での作品が並び、個性豊かな表現に心躍ります。

今回は職員Tがご紹介します。





こちらは組み立て式立体キットの作品。
実際に組み立てれらるように細かくパーツが設計されています。

タイヤの空気入れまでしっかりついています!自分で組み立てて家に飾ってみたいですね。



こちらは1年次の『デッサン基礎実習』と『総合基礎実習』の作品。

尾道市立大学では1年次の前期に日本画・油画・デザインの基礎実習を行います。

伸び伸びと色彩豊かに様々なモチーフが描かれています。




色々なものをかけられる石膏像たち、、、モチーフ選びや配置にも個性が感じられますね。








こちらは油画の『構成実習(コラージュ)』の課題。

作者本人が展示作業もおこなったものもあり、展示方法や壁面のバランスにもこだわりが見えますね。

とても自由に様々なものを使って表現しているのが見ていて面白いです。自分だったらどんな風にアプローチするかな?と考えながら見るのも、楽しみ方のひとつかなと思います。


日本画の作品はモチーフをよく観察し、細やかに描写されています。

日本画は落ち着いた色彩とキラキラした絵具が魅力のひとつ。

どの作品も画材を楽しんでその特性を生かして描いていることが感じられます。




木彫の立体作品。どちらも良く観察されていてフォルムが美しいです。




このカップでコーヒーが飲みたい…


こちらは油画の『オムニバス実習(小野)「アーティストブックを作る」』の課題。

”本”の既存概念に捉われない自由な発想に驚かされます。



宙に浮いているものも…。影もなんだか魅力的です。



いよいよ会期も折り返し地点を過ぎました。

感染症も猛威を振るうなか、暑い日が続いております。

ご無理のない範囲で是非この機会に、意欲溢れる学生の作品をご覧ください。








【現在開催中】

「尾道市立大学大学美術学科 Curriculum −授業作品展−」  


2022年 7月18日(月・祝)〜 8月21日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)

入場無料

1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインから成る3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。


【次回】

「In Focus 13 -卒業生の現在  

2022年9月10日(土)〜 10月23日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日

入館無料

本学を卒業・修了し、各分野で活躍している新進作家、時任美佳(日本画)・奥野恵理(油画)・佐野勇(デザイン)の3名を紹介します。




 

進級展「歩 あゆみ」本日より開催します!

 大学院進級制作展「歩 あゆみ」は本日開催初日です。

今年から大学院2年生に進級した日本画、油画、デザインの8名が、院1年次に制作した作品を中心に展示します。展覧会タイトルには、8名それぞれの「歩」によってできた足跡という意味があるそうです。



縮小サイズの模型を使い展示計画を練っていても、実際の壁面で見ると想像と異なることも多い展示作業。学生同士で展示方法について意見を出し合いながら、さらに詰めていってくれました。




試行錯誤を経て段々と完成に至る過程が見られるのは、この仕事の好きなところの1つでもあります。現場を見ながら、最終的には当初の展示計画から大きく変更している学生もいました。





出品作品は、絵画作品からレコードを使った作品、立体作品まで様々です。






展示方法はもちろん、照明でも印象は大きく変わります。
当館には大きい窓のある第1展示室がありますが、今回そこはカーテンを全開にして自然光が入るような展示になりました。時間帯や天気で変化する作品の見え方が楽しみです。






今回の進級制作展では日本画2名、油画5名、デザイン1名が出品しており、合計29点の作品をご覧いただけます。受付にてフライヤーの他に目録をご用意しています。
目録では作品配置図とキャプションや、作者の略歴と出品作品・制作に関連するコメントもご覧いただけます。残念ながら本展のアーティストトークは内部関係者のみの開催へ変更しました。トークに参加できない方等も、目録を読むことで作品鑑賞がより楽しめるようなっております。是非、併せてご覧ください。






【現在開催中】

尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展「歩 あゆみ」  

2022年5月21日(土)〜 6月19日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日
入場無料

尾道市立大学大学院美術研究科17期生8名による企画展。日本画、油画、デザインの3コースに分かれて、それぞれが院1年次に制作した作品を中心に展示します。この1年で8名それぞれの「歩」によって出来た足跡を、本展覧会を通してご覧いただければ幸いです。


■ギャラリートーク【※開催は本学教員、職員、学生、卒業生限定
日時:5月29日(日)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/※ 尾道市立大学在学生、職員、卒業生のみ参加可能に変更
TEL:0848-20-7831
※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。


【次回】「Curriculum −授業作品展−」  

2022年7月18日(月・祝)〜 8月21日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)
入館無料

1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインから成る3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。

 

「はじまりのかたち−素描−」は明日まで開催中です

こんにちは。

明日でゴールデンウィークが終わりますね。気温と日差しが夏の様相です。近所の猫が日向ぼっこでフカフカになっていて、とても愛らしいです。

当館は本日、明日、10:00〜18:00 開館しております。「素描展」は作品数が多く、かなりボリュームのある展示になっております。観光の休憩も兼ねて、ゆったりご覧いただけますと幸いです。




4/9(土)に「素描展」イベントとして座談会を行いました。その様子は後日YouTubeにアップ予定です。今回は本学教員の中村先生(日本画)、野崎先生(デザイン)、小野先生(油画)に加え、本展出品者で大学院2年生の近藤くん、村松くん、津島くんの3名をゲストに招きして開催しました。



出品作品について、日頃心がけていること、素描の際に着目するポイント、影響を受けた素描的試みや、やってみてよかったことなどお伺いしていきました。




「日本画」は今回の参加者が主に風景を描く方達だったため、普段のスケッチ方法や、常に絵を描く視点で風景を見ること、また魅力的なモチーフに出会う習慣などお話ししてくれました。先生はもちろん、学生の真摯な姿勢に感心したと同時に、私も見習わなければと反省しました。緻密で完成度の高い作品の裏には、説得力を持たせる多くの素描的取り組みがあります。

「油画」は19歳の時から記録し続けているノート(メモ帳)や日常で気になったスナップショット、言語の中でも「助数詞」に着目し、数え方と、言葉を取り除いたビジュアルとしての現象という2つの視点で制作した作品の試行錯誤段階(表やメモなど)について、収集する理由や影響を受けた素描的試みなどお話ししてくれました。

面白い散歩の仕方を教えてくれた本として赤瀬川原平の「超芸術トマソン」(当時メジャーリーグから獲得したトマソンは期待されていたが空振りしかせず「大型扇風機」と呼ばれたエピソードから、世の中の無用な存在とは芸術と考えた赤瀬川氏が、街中に残留している不思議なオブジェ(無用の長物)をトマソンと名付けた)のお話しや、

収集の影響として、作品自体(結果)ではなく作家の振る舞いやプロセスに注目して、「ジュニー・サヴィル」が人間の痛々しい傷口や、一般的ではない体型の人物写真収集から人間性の探求をしたことなどお話しをしてくれました。現在は動画なども見つつ、言語収集も行っているそうです。

「デザイン」は、立体作品を頭の中からどのように三次元にもってきて完成させるか、スナップショット撮影とカテゴリー分けから自分の興味の対象を明確にすることなど、制作工程や日頃の取り組みについてお話ししてくれました。また、作品に文字や文章を入れる影響として、アメリカの作家「ハワード・フィンスター」の作品中に宗教的言葉や文章を入れること、メキシコのレタブロ(奉納画、日本の「絵馬」のような絵+言葉で願い事を書いて奉納するもの)のことについても話していただきました。



本展では様々な「素描的なるもの」を展示しています。普段見る機会の少ない多様な素描群から、完成作品だけでは分からない作者の思考、作品の持つ別の可能性などの拡がりを感じていただけますと幸いです。

また、5/21(土)から本学大学院2年生による進級制作展「歩 あゆみ」を開催します。こちらもぜひお楽しみに。

皆様のお越しをお待ちしております。



ーーーーーーーーーーーーーーー

【開催中】

「はじまりのかたち−素描−」  

2022年3月12日(土)〜 5月8日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)※振替休日なし

入館無料


表現の第一歩とも言える素描。教員と学生、卒業生による多彩な素描を展示。
■ 会期中イベント「座談会」【終了しました】
日時:4月9日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831


【次回】

尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展「歩 あゆみ」  

2022年5月21日(土)〜 6月19日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日

入館無料


大学院で専門的に制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年次の制作を発表。


■ 会期中イベント「ギャラリートーク

日時:5月29日(日)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/※ 尾道市立大学在学生、職員のみ参加可能に変更
TEL:0848-20-7831
※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。