進級展「歩 あゆみ」本日より開催します!

 大学院進級制作展「歩 あゆみ」は本日開催初日です。

今年から大学院2年生に進級した日本画、油画、デザインの8名が、院1年次に制作した作品を中心に展示します。展覧会タイトルには、8名それぞれの「歩」によってできた足跡という意味があるそうです。



縮小サイズの模型を使い展示計画を練っていても、実際の壁面で見ると想像と異なることも多い展示作業。学生同士で展示方法について意見を出し合いながら、さらに詰めていってくれました。




試行錯誤を経て段々と完成に至る過程が見られるのは、この仕事の好きなところの1つでもあります。現場を見ながら、最終的には当初の展示計画から大きく変更している学生もいました。





出品作品は、絵画作品からレコードを使った作品、立体作品まで様々です。






展示方法はもちろん、照明でも印象は大きく変わります。
当館には大きい窓のある第1展示室がありますが、今回そこはカーテンを全開にして自然光が入るような展示になりました。時間帯や天気で変化する作品の見え方が楽しみです。






今回の進級制作展では日本画2名、油画5名、デザイン1名が出品しており、合計29点の作品をご覧いただけます。受付にてフライヤーの他に目録をご用意しています。
目録では作品配置図とキャプションや、作者の略歴と出品作品・制作に関連するコメントもご覧いただけます。残念ながら本展のアーティストトークは内部関係者のみの開催へ変更しました。トークに参加できない方等も、目録を読むことで作品鑑賞がより楽しめるようなっております。是非、併せてご覧ください。






【現在開催中】

尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展「歩 あゆみ」  

2022年5月21日(土)〜 6月19日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日
入場無料

尾道市立大学大学院美術研究科17期生8名による企画展。日本画、油画、デザインの3コースに分かれて、それぞれが院1年次に制作した作品を中心に展示します。この1年で8名それぞれの「歩」によって出来た足跡を、本展覧会を通してご覧いただければ幸いです。


■ギャラリートーク【※開催は本学教員、職員、学生、卒業生限定
日時:5月29日(日)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/※ 尾道市立大学在学生、職員、卒業生のみ参加可能に変更
TEL:0848-20-7831
※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。


【次回】「Curriculum −授業作品展−」  

2022年7月18日(月・祝)〜 8月21日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)
入館無料

1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインから成る3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。

 

「はじまりのかたち−素描−」は明日まで開催中です

こんにちは。

明日でゴールデンウィークが終わりますね。気温と日差しが夏の様相です。近所の猫が日向ぼっこでフカフカになっていて、とても愛らしいです。

当館は本日、明日、10:00〜18:00 開館しております。「素描展」は作品数が多く、かなりボリュームのある展示になっております。観光の休憩も兼ねて、ゆったりご覧いただけますと幸いです。




4/9(土)に「素描展」イベントとして座談会を行いました。その様子は後日YouTubeにアップ予定です。今回は本学教員の中村先生(日本画)、野崎先生(デザイン)、小野先生(油画)に加え、本展出品者で大学院2年生の近藤くん、村松くん、津島くんの3名をゲストに招きして開催しました。



出品作品について、日頃心がけていること、素描の際に着目するポイント、影響を受けた素描的試みや、やってみてよかったことなどお伺いしていきました。




「日本画」は今回の参加者が主に風景を描く方達だったため、普段のスケッチ方法や、常に絵を描く視点で風景を見ること、また魅力的なモチーフに出会う習慣などお話ししてくれました。先生はもちろん、学生の真摯な姿勢に感心したと同時に、私も見習わなければと反省しました。緻密で完成度の高い作品の裏には、説得力を持たせる多くの素描的取り組みがあります。

「油画」は19歳の時から記録し続けているノート(メモ帳)や日常で気になったスナップショット、言語の中でも「助数詞」に着目し、数え方と、言葉を取り除いたビジュアルとしての現象という2つの視点で制作した作品の試行錯誤段階(表やメモなど)について、収集する理由や影響を受けた素描的試みなどお話ししてくれました。

面白い散歩の仕方を教えてくれた本として赤瀬川原平の「超芸術トマソン」(当時メジャーリーグから獲得したトマソンは期待されていたが空振りしかせず「大型扇風機」と呼ばれたエピソードから、世の中の無用な存在とは芸術と考えた赤瀬川氏が、街中に残留している不思議なオブジェ(無用の長物)をトマソンと名付けた)のお話しや、

収集の影響として、作品自体(結果)ではなく作家の振る舞いやプロセスに注目して、「ジュニー・サヴィル」が人間の痛々しい傷口や、一般的ではない体型の人物写真収集から人間性の探求をしたことなどお話しをしてくれました。現在は動画なども見つつ、言語収集も行っているそうです。

「デザイン」は、立体作品を頭の中からどのように三次元にもってきて完成させるか、スナップショット撮影とカテゴリー分けから自分の興味の対象を明確にすることなど、制作工程や日頃の取り組みについてお話ししてくれました。また、作品に文字や文章を入れる影響として、アメリカの作家「ハワード・フィンスター」の作品中に宗教的言葉や文章を入れること、メキシコのレタブロ(奉納画、日本の「絵馬」のような絵+言葉で願い事を書いて奉納するもの)のことについても話していただきました。



本展では様々な「素描的なるもの」を展示しています。普段見る機会の少ない多様な素描群から、完成作品だけでは分からない作者の思考、作品の持つ別の可能性などの拡がりを感じていただけますと幸いです。

また、5/21(土)から本学大学院2年生による進級制作展「歩 あゆみ」を開催します。こちらもぜひお楽しみに。

皆様のお越しをお待ちしております。



ーーーーーーーーーーーーーーー

【開催中】

「はじまりのかたち−素描−」  

2022年3月12日(土)〜 5月8日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)※振替休日なし

入館無料


表現の第一歩とも言える素描。教員と学生、卒業生による多彩な素描を展示。
■ 会期中イベント「座談会」【終了しました】
日時:4月9日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831


【次回】

尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展「歩 あゆみ」  

2022年5月21日(土)〜 6月19日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日

入館無料


大学院で専門的に制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年次の制作を発表。


■ 会期中イベント「ギャラリートーク

日時:5月29日(日)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/※ 尾道市立大学在学生、職員のみ参加可能に変更
TEL:0848-20-7831
※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。
 

次回展のイベント内容変更

次回 5/21(土)から開催、尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展「歩 あゆみ」につきまして、5/29 (日) にギャラリートークを開催予定です。







今回、本学の新型コロナウイルス感染症に対する対策方針に則り、今回般の方の参加募集を取りやめることとなりました。「尾道市立大学の在学生・職員等の内部関係者のみ」予約・参加可能となります。

誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解とご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


(旧)定員:15名(要予約制)/  先着順、一般の方も含め参加可能
(新)定員:15名(要予約制)/  先着順、尾道市立大学の在学生・職員のみ参加可能


【開催中】

「はじまりのかたち−素描−」  

2022年3月12日(土)〜 5月8日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)※振替休日なし

入館無料


表現の第一歩とも言える素描。教員と学生、卒業生による多彩な素描を展示予定。


■ 会期中イベント「座談会」【終了しました】
日時:4月9日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831


【次回】

尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展「歩 あゆみ」  

2022年5月21日(土)〜 6月19日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日

入館無料


大学院で専門的に制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年次の制作を発表。


■ 会期中イベント「ギャラリートーク

日時:5月29日(日)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/※ 尾道市立大学在学生、職員のみ参加可能に変更
TEL:0848-20-7831
※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。
 

本日22日(祝日)も「素描展」開催中です。

当館では、3月12日(土)より「はじまりのかたち−素描−」を開催中です。

祝日ですが本日も開館しております。(振替休日も無しです)






この企画は、ほぼ隔年で本学の学生・教員の作品を「素描」の括りでご紹介する展覧会です。












今回は完成作品に至るまでの途中段階はもちろん、作者の認知や思考における「素描」も含めた幅広い「素描的なるもの」を集めました。












専攻毎にざっくり分けていますが教員の作品、学生の作品、卒業生の作品と混ぜて展示しています。








課題は風景スケッチですが、漫画形式で描いている作品もありました。この他に映像作品もあり、近年の油画作品は多様化しています。












コンセントから石膏スケッチが覗いて見える作品も。




通常、同じ空間で創作活動を行わない限り、学生同士でも完成以前の段階を見る機会は多くありません。また、コロナ禍により同じアトリエでも機会は減っているかもしれません。

作品にするつもりも無く描いた(また、書いた)ものも含めた「素描」を鑑賞する事で、思考のカケラから作者の頭の中を見ているような感覚になるかもしれません。



一部の作品では「素描と完成作品をセットで展示」したもの、「作品、課題の解説文や作者コメント」をつけたもの等ございます。一つの作品になるまでどれだけ削ぎ落としているかを見ることができます。完成作とセットのものは、視覚的に創造段階を追体験できるかもしれません。完成から遡ってみながら「はじまりのかたち」を探してみてはいかがでしょうか?


【開催中】

「はじまりのかたち−素描−」  

2022年3月12日(土)〜 5月8日(日)
会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)

入館無料


表現の第一歩とも言える素描。教員と学生、卒業生による多彩な素描を展示予定です。


■ 会期中イベント「座談会」

日時:4月9日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831

※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。
 詳しくは当館blog等ご覧ください。
 また、「イベント開催中に録画後、YouTubeにて公開予定」です。ご参加の場合、
 後ろ姿や声が入る可能性がございますので、あらかじめご了承ください。


















「In Focus12」アーティストトーク動画を公開しました。

2021年9月に開催した「In Focus 12」アーティストトークの様子を、当館YouTubeチャンネルにて公開しました。

「In Focus」は本学を卒業・修了し、各分野で活躍している新進作家を日本画、油画、デザインの各コースから選出し、ご紹介する企画です。日本画からは木村遥(キムラ ハルカ)さん、油画からは柴田七美(シバタ ナミ)さん、デザインからは青井典子(アオイ ノリコ)さんに展示していただきました。

対面でのトークは感染状況から難しく、今回は初めてリモートでの開催となりました。ゲストスピーカーとして作家とゆかりのある教員を迎え、作品について等お話ししていただきました。ぜひご視聴ください。

 







【開催中】

「はじまりのかたち−素描−」  

2022年3月12日(土)〜 5月8日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 
10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館)

入館無料


表現の第一歩とも言える素描。教員と学生、卒業生による多彩な素描を展示予定です。


■ 会期中イベント「座談会」

日時:4月9日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831

※開催につきましては、新型コロナウイルスの影響で変更となる可能性がございます。
詳しくは当館blog等ご覧ください。
また、「イベント開催中に録画後、YouTubeにて公開予定」です。ご参加の場合、後ろ姿や声が入る可能性がございますので、あらかじめご了承ください。



現在「第16回修了制作展」開催中です!

 こんにちは。

まだまだ寒いですが、段々と春に向かい季節が変わっていくのを感じます。風の匂いや光の色でしょうか。春らしい何かを見つけた訳ではないですが、何だか桜が見たくなりました。今年もお花見は難しそうですが、尾道の桜は綺麗なので通勤路で見られるのが楽しみです。


 さて本題ですが、現在「尾道市立大学美術学科 第18回卒業制作展・第16回修了制作展」を2月4日(金)〜2月13日(日)まで開催中です。今年の院2年生は10名、内3名は外部転入生だそうで、コロナ禍でコミュニケーションを十分に取ることが難しい中展示をしてくれました。









自身の展示が終わった人は他の人の作品展示を手伝ったり。

展示や照明で見え方が変化します。搬入と展示で2日間作業しましたが、会場全体の配置や作品レイアウトを変更して、短い期間で様々な見え方を検討してくれました。








院1年生もお手伝いに来てくれました。

2022年5月、新 院2年生になる彼らの「進級制作展」が開催予定です。こちらもお楽しみに。





他にも、展示変更に合わせ来館時にお配りする目録情報の修正も同時進行で行ったり。




大学院だけかもしれませんが、油画は展示も含め総合評価されるそうで、作業期間中何回か
教員が展示確認しにご来館されました。その際にレイアウトなど話し合い、今の展示に着地したようです。






では、展示作業で写っていなかった作品を少しだけご紹介します。

学生にお話しを聞けた作品はその時のことも交えつつ。。





住井さんのロール紙作品は描画面が4mほどあるそうです。
細い線で何パターンもの模様が描かれていますが、1つの塊として混ざり合っています。





辻井さん制作の「源氏物語絵巻 蓬生(よもぎゆ)」の現状模写もあります。
源氏一行が通りがかりに荒れ果てたお屋敷を見つけ、末摘花邸だと思い出して草についた露を払いながら屋敷へと向かう一場面。末摘花は赤鼻の醜女とされていますが、屋敷が荒れ果てても源氏を思い、長い間待ち続けた健気な女性ともされています。(だったはず、、)

院生時代、私も別場面ですが源氏の模写をしたためお話はもちろん、模写の描写も含め見応えのある作品でした。描くにあたり、所蔵している徳川美術館まで行き、本物を見ながら色合わせしたそうです。
実物は少し厚手の和紙にたっぷり絵具がのり、しっとりした質感の印象を受けます。模写では本美濃紙という薄い和紙に少量ずつ絵具を重ねていくことが多いと思いますが、実物から受けるその質感なども表現しており、しっかり観察して描かれたことが伝わってきました。自分の当時の制作を思い出しつつ、コロナ禍での絵具調達、色合わせなど、難しい状況でしっかり向き合って制作したことを感じて感心しました。




今回はお庭にも作品がございます。ご自由に出入りしてご鑑賞いただけますので、ぜひお近くでもご覧ください。




右の辻井さん作品は、スケッチ中に目が合った一瞬を描いたそうです。タイトルは〈盗めなかったかたち〉ですが、スケッチしきれなかったもの、という所から考えたそうです。

左の槇野さん作品はよく見ると蓮が描かれています。近年の作品は寒色(特に緑×茶色)で描かれる印象があっためお伺いしたところ、実はただの白ではなく緑味を含んだ色だそうです。











〈クランク博士の研究室〉は、当館一番奥の展示室全てが一つの作品です。
世界観と、耳を澄ませると聞こえる秒針の音が素敵です。




特にこの犬ちゃんに目を奪われてしまいました。つぶらな瞳がなんとも愛らしいです。




 尾道市立美術館では学部4年生の「卒業制作展」、当館では修士2年生の「修了制作展」をご覧いただけます。会期中無休ですので、ぜひお越しください。まん延防止期間中で難しい時期にはなりますが、ぜひ実際にご覧いただけますと幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



【開催中】

「尾道市立大学美術学科  

 第18回卒業制作展・第16回修了制作展」  

2022年2月4日(金)〜 2月13日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館、尾道市立美術館
開館時間 MOU:
10:00 - 18:00
                  市美 : 9 :00 - 17:00(入館は16:30まで)
休館日  会期中無休 

入館無料


大学での研究成果を発表。卒業生・修了生70余名の作品を展示します。


■ 会期中イベント
アーティストトーク新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止

日時:2月13日(日)/13:30〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831