「鈴木恵麻展」会期も残り1ヶ月です。

 こんにちは。

 少し肌寒いですが、尾道ではベッチャー祭りが街を活気付けてくれる、そんな季節になりましたね。当館では先月末から「鈴木恵麻展」を開催しています。

 尾道市立大学美術学科、日本画コースの准教授である鈴木恵麻(すずき えま)先生は「第73回春の院展」でその会の最高賞である春季展賞を受賞された経験もある注目の作家です。院展に興味のある方はご覧になったことがあるかもしれませんが、先生の作品を一堂に観られるまたとない企画です。

この機会に是非足を運んで頂けたらと思います。



それでは、展示のお手伝いに参加した私Sが内容をご紹介していきます。

 


 今回はラウンジだけでなく廊下も充実しており、「ミニアチュール」シリーズが並べられています。子供の頃にミニチュアで遊んだときのわくわくを思い出させてくれるような作品です。小さな箱の中で穏やかな水や風が流れ、鳥や植物、人々の生活が息づいているようにさえ感じます。

先生が楽しんで作られたことが見ているだけで伝わってきますが、実際作るのをやめられなくなるほど夢中で制作されたそうです。






この作品の他に10点ほどありますので、画像以外のシリーズも是非ご覧ください。

 



 先生の作品は静かなイメージが強かったのですが、近づいて観ると筆跡が活き活きとしていて驚きました。遠くから観た時と近づいて観たときの印象が違う絵というものは面白いですね。画集やインターネットで見る以上の醍醐味を感じる瞬間でもあります。

絵を描く人間としては大変勉強になります…!

 



 


 メインである第二展示室は、主に院展に出品された大作が並びます。

今回は会場全体が薄暗く演出され、より神秘的な雰囲気を纏っています。まるで礼拝堂にいるような気分になりました。

いつもは動かせる壁面を部屋の中央に設置することが多いですが、今回はそれがないので開放感があります。

植物に反射した柔らかい光が空間を包み込んだような、そんな緑色の作品が多い印象です。しかし一口に緑色と言っても幅広い表情を持っていて、こんなに豊かで面白い色だったのかと気付かされました。もしかしたら鈴木先生にしか出せない色味ではないでしょうか。




 奥の部屋のカーテンを潜ると絵がたくさん飾られています。でも実は全部で一つの作品なのです。

一つ一つ独立した絵でありながら、絵巻物、またはアニメーションのコマのように繋がり、木に留まった鳥たちが空高く羽ばたいていきます。






そして最後は巣で眠る卵の作品。こちらは、玄関に入ってすぐに見える「Time of birds」の作品へと繋がり、始めに循環します。とても素敵な展示構成だなと思いました。







 今回は作品集を販売しております。表紙、裏表紙には金のインクが使用されており、高級感のある仕上がりです。お買い求めやすいお値段ですのでお土産におひとついかがでしょうか。

尾道市立大学の学生には無料でお配りしております。







会期も残り1ヶ月となりました。芸術の秋にお散歩がてら是非お立ち寄りください。






【開催中】

「鈴木恵麻展」  

2021年10月30日(土)〜 12月12日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館) 

入館無料


本学美術学科日本画コース教員・鈴木恵麻による個展です。日本美術院 院展出品作品を中心に今まで制作してきた作品と、日々の制作テーマを盛り込んだ新作を交えた展覧会。

■ 会期中イベント
アーティスト・トーク(日程変更いたします

日時:11月6日(土)/17:00〜
   12月4日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で展覧会開催・イベント等の日程を変更する可能性がございます。
※イベント開催時に録画し、YouTubeにて動画を公開予定です。ご了承ください。





「In Focus 12」無事終了しました。

こんにちは。 

今回は9月4日(土)〜10月10日(日)に開催した「In Focus12 −卒業生の現在」についてお話しさせていただきます。展覧会終了後の更新となりお心苦しいですが、、。ご鑑賞いただいた方も、未鑑賞の方も楽しんでいただけますと幸いです。


In Focusは尾道市立大学を卒業・修了後、創作活動を継続している若手作家を紹介する企画で、2010年より回を重ね、今年で12回目を迎えます。

日本画からは木村 遥(きむら はるか)さん、油画からは柴田 七美(しばた なみ)さん、デザインからは青井 典子(あおい のりこ)さんが出展してくださいました。


緊急事態宣言下に展示準備を行ったため、写真を撮影し作家さんに確認していただき指示をもらう方法で進めていきました。最後のライティングの調整も同様の方法で確認していただきつつ展示させていただきました。

写真はライティングチェックの際に使用したものの一部ですが、第2、3展示室はスポットライトの光だけで照らすとなりました。照明が違うだけで会場の雰囲気はもちろん作品の見え方や色(発色度合いでしょうか)が変わります。



        ▲ ダウンライト + スポットライト 

                      
        ▲ スポットライトのみ


第1展示室は2、3展示室とは逆に ダウンライト + スポットライト、さらに展示室にある大きな窓のカーテンを全開にし、大陽光も射すような明るい展示室となりました。



それぞれの作品が映える空間になりました。

では、各展示室ごとについて少しお話しさせていただきます。

第1展示室はデザインの青井典子さんの作品を展示しました。





壁に並ぶポスター群は、絵や文字の使い方に同じ物がないほどバリエーションが豊富です。その引き出しの多さに青井さんの高い技術力が伺えます。

当大学の広報物も数多く手がけていらっしゃる為、私自身大学で見かけた物もあり「青井さんが作っていたんだ!」という驚きもありました。他にも尾道の街で見かけた広報物も多く、生活する中で気が付かないうちに新しいお仕事を見ていたのだと実感しました。





また、趣味で制作されているコスプレの武器やマスクは、独学で得た知識とこだわりによってゲームや漫画から飛び出してきたかのような本物らしさがあります。作品によって使われている素材や塗料が違い、見応えがありました。多彩な姿を見ることができて充実感のある空間でした。





赤い心臓の作品は私が知っている漫画で、登場する敵キャラクターはそれぞれ変わったマスクを着けています。作中、マスク作りの最後に花をくれると出来がいい証、ということでお花を挿している描写がありますが、青井さんの制作した作品は近くで見ても細部まで作り込まれており、お花を挿したい気持ちになりました。





また、今回展示した画像の本4冊は全てAmazonなどで購入可能とのことです。
「尾道の本Ver.2」「季刊まっすぐ 石川達也」「おのみち怪談、おのみち怪談2」ご興味があれば是非、実物で青井さんのお仕事をご覧ください。

第2展示室は日本画の木村遥さん、油画の柴田さんの作品を展示しました。

入ってすぐは木村さんの大きな作品が目に留まります。





野球球場での試合や宇宙飛行士など、モチーフ選択や切り取り方が非常に興味深い作品群です。日本画、絵画全体、どちらの視点から見ても珍しい、木村さんにしかできない作品です。「切り取る風景」という作品も形や展示方法も含め、世間一般の「日本画」のイメージがある方から見ると新鮮に映るのではないでしょうか。




一瞬の出来事を切り取ったような、物語が感じられる絵は「風景を軸として」描くことを前提として、自身の馴染みの場所や特別な思いを感じたシーンを切り取り描いているそうです。



モチーフ選択の面白さはもちろん、カラッとした質感の描写や、人工光でふわっと照らされた風景が印象的です。スプレーで吹きかけたような独特な印象の画面の下からのぞく金箔もきいています。


人工物が多く無機的なモチーフと、その描写方法がしっくりマッチしていて魅力的です。人物も風景の一部として捉えているからかもしれませんが、人物がいる画面も軽快な印象を受けます。





就職され、車移動で行動範囲が広がったことで新しい景色に触れる機会が増えたそうです。今後の作品も楽しみですね。木村さんは「日本美術院」という公募団体に所属していますので、広島近辺の院展の巡回展で実際に新作をご覧いただける機会があると思います。

柴田さんの作品は、動く展示可能な壁で空間を分け、第2展示室から第3展示室にかけて展示しました。

 




まず目を引くのがF100号を2つ繋げた作品で、1620×1303mm×2つなので、3240×2606mmの大型作品です。黄色と黒で構成された画面が印象的です。柴田さんの作品は全体に言えることですが、限られた色数で構成された画面と、絵肌や筆のタッチから感じる独特の物質感、存在感が魅力的に思います。








作品を拝見した当初、グッと力を込めて、書道のように一発で決めた筆運びの印象を受けましたが、実は絵具がたっぷり使われているだけで、かなりソフトタッチの優しい筆運びで描いているそうです。基本的に画面が乾かないうちなら何度でも修正OKとして、乾燥して固まる前に一気に仕上げるそうです。






今回はzoomを利用しアーティストトークを行いました。柴田さんのトークでは、油画教授のO先生、職員(私)でお話しを伺ったのですが、乾く前に一気に仕上げる話からどんなオイルを使用しているのかという話題になりました。使用しているのは「ポピーオイル」という比較的乾燥自体は遅いオイルだそうですが、鉛が入っているようなシルバーホワイトや、ローアンバーのような乾燥の速い絵具を使うことが多く結局乾燥時間は稼げない。とのことでした。(酸化重合という化学反応で乾燥していくそうです)技術的なお話しは、私が日本画専攻だったため非常に興味深かったです。








こちらはケント紙に鉛筆で描かれた作品ですが、一番画像と実物のギャップが大きかった作品です。よくよく見ると鉛筆で塗り込まれた無数の線が見えます。光の反射する方向に動くと黒い部分の見え方が異なります。素材としてはケント紙、鉛筆と絵を描く人以外にも身近なものですが、このような方法で描くことで物質感が変化しているようです。


また、柴田さん自身の原体験の影響もあるかもしれませんが、戦争関係や植民地政策に関心がある事を方々にお話ししていたところ、ドキュメンタリー映画制作のお手伝いとして参加する機会があったそうです。タイトルは「塩月桃甫」(しおつきとうほ)。

監督さんは宮崎出身で、塩月氏も宮崎出身とのこと。宮崎にたまたま現存していた作品を監督さんが骨董屋さんで見つけて存在を知り、そこから塩月桃甫を掘り下げてみる事となったそうです。ご興味があれば是非チェックしてみてください。(https://shiotsukitoho.com) 




【終了】

「In Focus 12 −卒業生の現在−」  

2021年 9月4日(土)〜 10月10日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館) 

入館無料


本学を卒業・修了し、各分野で活躍している新進作家、木村遥(日本画)・柴田七美(油画)・青井典子(グラフィックデザイナー)の3名を紹介。

・アーティストトーク
当館YouTubeにて動画公開予定です。
公開しましたら、こちらのブログなどで追ってお知らせさせていただきます。

…………………………………………………………………………

【開催中】

「鈴木恵麻展」  

2021年10月30日(土)〜 12月12日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日(祝日開館) 

入館無料


本学美術学科日本画コース教員・鈴木恵麻による個展です。日本美術院 院展出品作品を中心に今まで制作してきた作品と、日々の制作テーマを盛り込んだ新作を交えた展覧会。

■ 会期中イベント
アーティスト・トーク(日程変更いたします

日時:11月6日(土)/17:00〜
   12月4日(土)/17:00〜
定員:15名(要予約制)/TEL▶0848-20-7831
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で展覧会開催・イベント等の日程を変更する可能性がございます。
※イベント開催時に録画し、YouTubeにて動画を公開予定です。ご了承ください。



カリキュラム展は8/15(日)まで開催中です

現在、当館にて7/24(土)〜 8/15(日)の期間「Curriculum −授業作品展」を開催中です。本展では尾道市立大学美術学科の各学年で行われるカリキュラムで制作された作品がご覧いただけます。


  





「進級制作展」会期を延長したため今回の「カリキュラム展」は例年より短く、2週間となります。ご留意ください。


カリキュラム展は、当館で開催する展覧会の中でも1、2を争う作品数の多さです。展示方法で見え方も変わるため、教員も交えて展示レイアウトを行いました。



今回も物凄いボリュームです。






展示スペースの関係で残念ながら展示できない作品もありましたが、どの作品も魅力的です。今回の作品群全体の印象として、発想の自由さやのびのびした表現などを強く感じました。
1年次最初に取り組む課題として例年「樹根デッサン」という、巨大な木の根を鉛筆で描くものがあります。去年から感染症の影響で課題内容が変わり、鉛筆以外の画材も使用できて自由度が増したからか、展示すると壁面が賑やかな印象になりました。






木でこんなに柔らかい形が出せるのだと感動しました。
滑らかな表面とフォルムで、つい触ってみたくなる作品たちです。



自画像について考える課題ですが、絵画から映像、何に描くかまで異なります。
自由な発想や表現が非常に面白いです。



こちらはランプシェード課題。お家に飾りたいです。





日本画は皆さん達者です。離れても綺麗ですが、近寄ってみると日本画特有の粒子の表情や描き込まれた筆跡などが楽しめます。




大きな作品ですが、キレが良く、印刷の具合も作品に合った綺麗な発色です。
とてもインパクトのある格好いい作品です。
画面内にあるQLコードを読み取ると、作品の一部が動くGIFが見られます。文字化けしたメールは実際に大学から届いたものだったり、沢山の要素がうまく混ざり合っています。




突然ですがクイズです。この中に本学の教員が3名いますがどこでしょう。


正解は左から小野先生、松本先生、吉原先生でした。別の場所に中村先生もいました。
まだまだ隠れている先生がいそうですね。他の先生を見つけた方は是非教えて欲しいです。




可愛い作品で、展示後ゆっくり細部を見ていたところ


お。




何か乗っています。
自撮りしている顔やポーズばかりに夢中になっていたので、発見したとき非常に喜びました。
美術館に来てくれているアルバイトスタッフに写真を見せながら話しましたが、気がついていないのは自分だけだったようです。



こちらは展示前に組み方を考えていた際の写真です。



様々な学生の作品を見られる機会となります。
雨続きでお住まいによって避難が必要な方もいらっしゃると思いますが、ご無理のない範囲で実際にご覧いただけますと幸いです。





「尾道市立大学大学美術学科 Curriculum −授業作品展−」  


2021年 7月24日(土)〜 8月15日(日)

会場   MOU尾道市立大学美術館
開館時間 10:00 - 18:00
休館日  水・木曜日 

入場無料


1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインから成る3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。