「教員展」油画教員の作品ご紹介

 2回目となる今回は「油画」教員の作品について、展覧会の様子を一部お届けします。是非、最後までご覧いただけますと幸いです。


■橋野先生

Fog

柔らかい色とシャープな形がとても綺麗です。





Fogのタイトル通り、色から感じる温度感の静かで澄んだ、霧がかった空気が思い浮かびます。楕円形の画面も目を惹きます。同シリーズで、シルクスクリーン(版画の一種)作品もございます。油彩描写とはまた違う魅力があります。合わせてお楽しみください。


■吉田先生

〈かタマり〉

どこかで見覚えがある作品が、、




去年開催した自主企画展「From Soup to Nuts」では当館のお庭に展示した作品です。展示方法によって変化する見え方が面白いです。上の方にある縦ストライプの作品、離れてみると全て黒の線に見えます。

が、近寄ってみると?




一番下の縦線は茶色、その上は灰色と、しっかり塗り分けて描かれた線でした。遠くから見るとただの黒に見えますね。作家本人が一番驚いていました。




これも見ていると、白い丸に黒色の丸がチラチラ見えて驚いた作品。



■矢野先生

〈ながめ〉

目を惹く美しい赤です。鮮やかな色ですが、ずっと眺めていたくなる不思議な魅力のある作品です。



近寄ってみると、反対色が入れられていたり、厚塗りした箇所、削った部分など、様々な発見があります。





ですが、離れてみるとその沢山の要素が混ざり合い、調和しています。

最初、図録作成のため画像では作品を拝見しておりましたが、一番画像と実物の印象の差が大きかった作品です。画像で伝わらないのが本当に残念です。こんな印象的な赤は初めてでした。

前回紹介した日本画教員、鈴木先生〈未来航路〉の近くに展示しておりますが、ならんだ時の色のコントラストが非常に素敵でした。〈未来航路〉のくすんだ緑と、矢野先生作品〈ながめ〉の赤が美しく、個人的にお気に入りポイントです。



■小野先生

〈再編層〉

小野先生は様々なジャンルにアンテナをはり、常に情報をインプット、アウトプットしている印象です。もちろん本もよく読まれており、以前お見かけした際は自分が気になった箇所に付箋をはり、沢山メモもされていました。

よくよく見ると、これは本の表紙でしょうか。



「近代絵画の〇〇たち」?読めるようで読めませんでした。



本の裏表紙のバーコードと思われる要素もあります。




タイトルの〈再編層〉から、複数のイメージを「層」として編成し直したものだと予想しますが、膨大な知識量から、どうやってこの要素を選んだのか気になります。

色の層同士のキレ、配色バランスも美しいです。横並びで9点展示されていますが、単体、シリーズ全体、どちらで鑑賞しても非常に格好いい作品です。



■稲川先生

〈Candid - shot psyche[1]-[50]〉

当館一番奥にある第3展示室。入ってみると、おや?



なにやらモニモニしたものが床に。



表面もキラキラしています。

気になったので先生に作品についてお伺いすると「聞いたら後悔すると思うから言わない(笑)」と、教えてもらえませんでした。非常に気になります、、これはどんな作品なのでしょうか、、



これ以外にも様々なイメージをコラージュしたものが床に広がっています。構成してある1つ1つは日常生活で見かけるものばかりですが、この様にコラージュされると新しい、何か別のものとして認識してしまいます。タイトル〈Candid - shot psyche〉はGoogle翻訳にかけると「率直なショット精神」でした。後悔してもいいので、作品について一回聞いてみたいですね。










お、猫



めりこんだ猫にめりこんでない猫がくっついていました。
油画編、これにておしまいです。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
次回はデザインコースの教員作品をご紹介します。
お楽しみに。


展覧会開催のお知らせ

段々と春らしい陽気となってきました。

当館では、3月6日(土)より「尾道市立大学美術学科教員展 新しい日常−New Normal−」を開催しています。


今回の「教員展」は、日本画・油画・デザイン各コースの教員および美術館スタッフ16名による作品を展示します。展示作業では、出品教員自らプランを練ったり展示したり。展示作業の補助で入ってくれたアルバイトスタッフの意見が採用された展示もございます。


本展が長期展示となりますので、日本画・油画・デザインと各コースごとに分けてご紹介したいと思います。1回目となる今回は「日本画」教員の作品について、展覧会の様子を一部お届けします。是非、最後までご覧いただけますと幸いです。


 ・

■吉原先生

〈「思い」のかたち 〉

人物の周りに熱帯地域に生息していそうな魚が漂っています。


柔らかいタッチで描かれた作品です。吉原先生は生物(動物・植物など)に造詣が深く、いつも質問すると必ず答えてくださいます。画面いっぱいに描かれた植物や魚も、全て把握しているのではないでしょうか。

そんな先生が、どんな理由でモチーフを選んだのか聞いてみたいです。タイトルから思うに、思い出に関係したものだったりするのでしょうか、、






■中村先生

〈プラハのレストラン

こんなところでチェコ料理を食べられたら最高ですね。

中村先生の作品は、先生が海外へ取材に行った際の街並みが多く描かれている印象です。実際に訪れ、その場でスケッチなどもしているためか、行ったことがない街も中村先生の絵を通してみると不思議と日本とは違った空気を感じます。



〈ドブロブニクの夏〉

斜面に海水浴を楽しむ人物が、画面いっぱいに配置されています。




くすんでいるのに明るく、軽やかな色合いが非常に美しく、魅力的です。(画像だと伝わらないのが残念です、、)

人で賑わう夏の海辺の香りや空気感を感じます。タイトルにある「ドブロブニク」はクロアチアにある都市で、ジブリ作品の「紅の豚」「魔女の宅急便」の舞台としても知られています。



達筆ですね。




■鈴木先生

〈未来航路〉

人物が大きな地球儀を眺めています。
鈴木先生の作品に登場する人物は、中性的な印象を受けます。

くすんだ緑と金箔のコントラストが大変綺麗です。

特に窓の外の質感と色が素敵ですが、これまた画像で伝わらないのがとても残念です。改めて日本画は実際にご覧いただいて感じていただける作品が多いと実感しました。





伝わりますでしょうか、、
どのように描かれたのか伺ってみたいです。




■望月先輩

〈君にだけ見えたり 僕にしか見えなかったり〉

二人の人物が描かれた作品です。池上先生は、目に見えない物(空気・感情など)を自分の作品を通して見える形へ変え、表現している印象です。リボンのようなクルクルがありますが、画面内に独特のリズムを生んでいます。


日本画特有の絵具の色や質感を使い、絶妙に描き分けてある色が綺麗です。例えばただの白ではなく、たくさんの表情を持った白、といいますか。



また、分かりやすい笑顔等ではなく、鑑賞者によって色々な受け取り方のできる表情も魅力の一つです。人物の仕草や揺れる髪からも、様々な感情や場面を想像できますね。



日本画は「岩絵具」という、主に鉱石を砕いた絵具で描かれます。
砂のように粗い粒子から、パウダー状の細かい粒子までありますが、異なる大きさの粒子を重ねる事で日本画独特の質感が生まれます。
作品としてはもちろん、教員作品だからこその完成度の高さ、洗練された技法から、岩絵具、箔などの日本画画材の魅力も感じていただけるのではないでしょうか。




おまけとして、私、職員Uの作品も出品させていただきましたので、少しだけご紹介させていただきます。源氏物語絵巻の現状模写です。場面は「御法」と書いて「みのり」と読みます。




光源氏の最愛の妻である紫上が病となり、源氏、明石中宮に最後の別れを告げる場面です。
よろしければこちらもご覧頂けますと幸いです。




ここまで長々読んでくださった方、ありがとうございました🙇‍♂️
まだまだ感染症の影響で難しいところではありますが、ぜひ、実際に作品をご覧いただけたらと思います。
次回は「油画」教員の作品をご紹介します。
お楽しみに。



「第15回 修了制作展」オンラインアーティストトーク公開しました!

  この度、MOU尾道市立大学美術館で2月6日(土)17時から開催を予定しておりました「第15回大学院美術研究科  修了制作展」ギャラリートークにつきまして、感染症拡大の状況を鑑み、オンライン開催に変更となりました。

修了生7名が美術を志した理由から、コロナ禍での制作の様子、今回の修了制作に至るまでラジオ形式で語り合います。
こちら、当館公式YouTubeで本日より公開しました。新設サイトからもご覧頂けます。
ぜひ、展覧会と合わせてこちらもご視聴ください。


尾道市立大学美術学科 第15回修了制作展」  
2021年2月5日(金)〜 2月14日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
会期中無休

〈会期中イベント〉
・ラジオ形式  オンラインアーティストトーク
◎2月6日(土)より公開

大学での研究結果を発表。卒業・修了生60余名の作品を展示します。
※市内各会場にて開催。当館では修了制作作品を展示します。



展覧会に関する最新情報は修了生のTwitterからご覧頂けます。
■尾道市立大学 大学院美術研究科 公式Twitter

■MOU尾道市立大学美術館 公式YouTubeチャンネル

■MOU尾道市立大学美術館 新設サイト「ギャラリートーク」ページ

「第15回大学院美術研究科 修了制作展 」ギャラリートーク開催中止のお知らせ

  この度、MOU尾道市立大学美術館で2月6日(土)17時から開催を予定しておりました「第15回大学院美術研究科  修了制作展」ギャラリートークにつきまして、感染症拡大に伴い中止することとなりました。

ギャラリートークを楽しみにしてくださった皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解とご了承賜りますよう、お願い申し上げます。




尾道市立大学美術学科 第15回修了制作展」  
2021年2月5日(金)〜 2月14日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
会期中無休

〈会期中イベント〉
・ギャラリートーク
日時:2月6日(土)17:00〜
会場:MOU尾道市立大学美術館
※先着15名(予約制)

大学での研究結果を発表。卒業・修了生60余名の作品を展示します。
※市内各会場にて開催。当館では修了制作作品を展示します。

「 From Soup to Nuts」



 油画コース卒業生の吉田彩花さん、菅原瑶子さんお二方による自主企画展

「 From Soup to Nuts」がはじまりました。

私、美術館スタッフSは搬入時からこの展示を見ていますが、遊び心があって楽しみながらお手伝いしました。来ればきっと「わ!何これ」と言わずにはいられない空間になっています。



何やら文字が浮かび上がっていますね。奥に写るのは美術館の庭です。

今回はこちらにも作品を展示していて楽しむことが可能になっています。

そして館内のあちらこちらでお出迎えしてくれるのは菅原さんの魚たち。

以前に菅原さんの大作を明るい部屋で鑑賞したことのある私ですが、今回は照明が落とされ

じ作品でもまるで違う海の世界が広がっていて驚きでした。

暗闇の中でキャンバス内を泳ぐ姿を見ているとなんだか

水族館にいるような気持ちになります。🐟 




そんな館内を歩いていると、あれ?足元に光が…歩くたびに瞬いています。

なんだこれは…!

思わず夢中で足をふみふみしてしまいました。

皆さんもぜひ、床を満天の星空にしてみてください。

他にも不思議なことが起こるかもしれません…




作品を堪能していると菅原さんが用意してくださったワークショップが出現。

絵具で彩られた紙がずらりと置かれています。

どうやら来館者の方に、絵具の形から見えてきた生き物を生み出してほしいとのこと。

早速やってみました!


こちらが私が描いたインコとカタツムリ 🐌 一度やると癖になる楽しさです。

菅原さんがご自身の制作にハマる理由も納得しました。

ご覧館の際にはぜひ挑戦してみてください!

そして1番奥の部屋を覗くと、思わずクスっと笑ってしまう光景が待っています。

お二人の作品についてもっと知りたくて、
先日行なわれたギャラリートークにお邪魔しました。
作家さんのお話を聞くと、より想像が広がって楽しいですね。
今回も来て良かったと思える内容でした。
特に印象に残ったのは、吉田さんが作品を作るきっかけになった木漏れ日のお話。
ある休日に見かけた木漏れ日に感動し、それを再現しようと思いたったらしいのですが、
始めてみたら思いの外難航。
当たり前のように存在する現象が実はすごく奇跡であることを自身が苦戦して改めて実感した
んだそうです。
普段穏やかで優しい吉田さんのエモーショナルな一面を垣間見ることができたなと
学生時代お世話になった私は嬉しくなりました。


以前にお二人の作品を見たことがある方もそうでない方も、ここでしか見れないもの、体験できないことがあると携わってみて強く思いました。
寒い日が続きますが、がんばって足を運んだ分
館内で楽しい時間をゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。



「From Soup to Nuts」
 2020年 12月19日(土)〜 1月24日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日、12月29日(火)〜1月3日(日)




美術館新設サイトにて「In Focus 11」アーティストトークを公開いたしました!

 美術館の新しい取り組みとして始めた「WEB美術館」企画

新設サイトにて、本日会期最終日となる「In Focus 11」出品作家アーティストトークの様子を、動画にて公開しております。


今回、アーティストトークはコロナ禍のため、内部で人数制限をし開催いたしました。トークは作品を鑑賞しながら、直接作家さんにお話を聞ける貴重な機会となります。

初めての試みとなりますが、ぜひご覧いただけますと幸いです。



〈新設サイト・HOME〉

〈アーティストトーク〉

https://onomichiumuseum.wixsite.com/mousite/ギャラリートーク

〈WEB所蔵作品展〉

https://onomichiumuseum.wixsite.com/mousite/開催中

〈現在からの視座〉

Exhibitions → 開催中(WEB所蔵作品展ページ)一番下までスクロールすると特設ページがございます。また、作品画像をクリックし、キャプションの下にある「Go to Page〜」からもご覧いただけます。


11月開催「鈴木恵麻展」来年度延期のお知らせ。

 この度、MOU尾道市立大学美術館で11月3日(火・祝)から12月6日(日)まで開催を予定しておりました「鈴木恵麻展」につきまして、現在の状況を作家とも協議し、展覧会を来年度へ延期することとなりました。

なお、その代わりとして、今年6月開催予定で中止となった「尾道市立大学美術館 所蔵作品展」を11月3日(火・祝)から12月6日(日)まで開催予定です。

「鈴木恵麻展」開催を楽しみにしてくださった皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解とご了承賜りますよう、お願い申し上げます。皆様にご高覧いただけますと幸いです。


〈来年度へ延期〉
鈴木恵麻展」  
2020年 11月3日(火・土)〜 12月6日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

本学美術学科日本画コース教員・鈴木恵麻による個展です。日本美術院院展出品作品を中心に今まで制作してきた作品と、日々の制作テーマを盛り込んだ新作を交えた展覧会を行います。


〈予定を変更し開催〉
尾道市立大学美術館 所蔵作品展」  
2020年 11月3日(火・土)〜 12月6日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

大学買い上げ作品や、退任教員の作品を紹介します。