「感覚のかたち」ギャラリートークを開催しました −前編−

「感覚のかたち」ギャラリートークを10月5日(土)14時より開催いたしました。
の展覧会はデザインコース教員の企画展になっており、代表して野崎先生から「感覚のかたち」という展覧会タイトルについて説明してもらいました。









今回は出品者皆さんのギャラリートークについての記事ですので、長くなってしまいました。そのため前編、後編に分けてご紹介していこうと思います。
今回紹介するのは「野崎先生」「大野先生」「伊藤先生」「桜田先生」です。






まず1人目はイラストレーション領域の野崎先生から。

《CARNAVAL》についてのお話で、作品名はカルナバルと読みます。作品を見ることで、見る人それぞれの記憶を連想できるタイムマシンのような装置として制作したそうです。質問で、「作品のテイストに昭和っぽさともまた違う異国感があるが、繋がる昔の記憶はある?」という問いに対して、「これが全てとは言わないがアニメーションをよく見ていて、ディズニーとかのアニメーションが爆発的に出てきた時代だったのでそれかな?」とのことでした。《CARNAVAL》制作時に「メリーゴーランドワルツ」がヘビーローテーションで流れていたと聞きましたが、その時曲が浮かびませんでした…。後で気になって調べてみたところ、「メリーゴーランドワルツ」でヒットするものがなく、なんとか思いつくのでサティのジュ・トゥ・ヴーではないかと思ったのですが正解できていますか?















2人目はデザインコース助手の大野先生。
大野先生は尾道大学在学中、油絵を専攻していました。助手をされる方はそのコースの出身が多いため、かなり特殊なパターンだと思います。「感覚のかたち」というテーマが決まってから、もともと写真加工したものを写実的に描写していたため、感覚的な制作ではないと感じていたようです。しかし、大野先生は絵画を制作する前の写真加工の時点で感覚的であり、これまで鉛筆で描いたデッサン作品は手の感覚でかたちを作るという感覚としてあったと考えました。そしてその手の感覚でかたちを作る感覚を育てたい、進化させたいというところから作品作りが始まったそうです。そこからどのようにして《サーフェス諸島》に繋がっていったのかは、リチャード・ドーキンス『進化の存在証明』垂水雄二訳,早川書房.を読んでみると面白いかもしれません。











3人目はアドバタイジング領域の伊藤先生。
ちなみにアドバタイジングは主に広告デザインのことを指します。伊藤先生は「暮らしをユニークに、そして軽やかに彩る」というコンセプトのもと制作しており、今回は幼少期からずっと引っかかっていた宮沢賢治のオノマトペから着想を得て制作したのが《kikku ton》シリーズだそうです。引き続きこのシリーズを展開していきたいということで、「モチーフに鳥、魚、数字などあるが、今後モチーフ展開があれば教えて欲しい」という質問がありました。これに対して、「今回の数字は異質だが、いつも身近な動植物をモチーフにすることが多く、生活の邪魔にならないものを選ぶ。しかし、虫みたいにリアルにすると嫌悪感を感じる人の多いモチーフも、グラフィックにすると意外と見られたりする。」と答えていました。もしかして次回作は虫…とても楽しみですね。












4人目は立体造形領域の桜田先生。
今回は金工の作品と、3Dプリンターで制作した作品を展示しています。自分の得意な方法である金属で、実際の景色や日常で感じた感覚、目に見えないものをかたちにして表現した作品。そして3Dプリンターで制作した24個の作品。実は3Dプリンターの作品、本展覧会では24個展示していますが、桜田先生の頭の中では60個もあったそうです。3Dプリンターはデジタルデータを入力して形が出来ますが、冷たいイメージがあります。先生は作品に温かさを感じるものが好ましいと考えており、台座を木にしたり、フリーハンドで下書きを取り込んでその上から造形してみたりと様々な工夫をされていました。また、散歩や自然散策中に見つけた好きな風景やひび割れなど、作品にするために溜めているそうです。今回の金工の作品は特に尾道近郊に住んでいる方なら見たこと、経験したことがあるテーマが多いと思います。桜田先生の感覚で作られた作品と、自分の感覚とを照らし合わせてみながら鑑賞してみても面白いかもしれません。













次回の「感覚のかたち」ギャラリートーク −後編− は「黒田先生」「世永先生」「林先生」を紹介していきます。お楽しみに。












「感覚のかたち 
   ー尾道市立大学美術学科デザインコース教員展ー」  
2019年 9月14日(土)〜 10月22日(火・祝)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

本学美術学科デザインコース教員が共通テーマ「感覚のかたち」をもとに制作した作品を通して、デザインの持つさまざまな「視点(まなざし)」を総合的に紹介する展覧会です。










「感覚のかたち」ギャラリートーク開催のご案内

現在開催中の『感覚のかたち』関連イベント、「ギャラリートーク」を10/5(土)14:00〜16:00に開催します。ギャラリートークでは出品者全員がそれぞれの作品について解説をしていきます。

本展覧会は、尾道市立大学美術学科デザインコースの教員企画による展覧会です。
デザインコースにはグラフィックデザイン、アドバタイジング、イラストレーション、立体造形、映像という5つの専門領域があり、メディアやアプローチは様々です。木製の立体作品や大学に来る以前にデザイナーとして作られた作品、絵画と金工を組み合わせた作品、漆の花器の作品など多種多様な作品を展示しています。






個人的ではありますが、今回初めて花器に生きた花や葉物を展示しました。生きているので展示期間中ずっと同じ生け花では難しいです。そのため元気が無くなったら職員が新しく生け直しているのですが、最初は作品を台無しにしたらどうしよう…とおっかなびっくりでした。しかし最近はちょっと違っていて、いつもの景色から花器に合いそうな花や草を探そうとすると普段と少し違った視点で景色が見え、色々な発見がありました。見つけた草花を実際に生けてみると花器はまた違った印象になり、ワクワクします。






ギャラリートークでは作者はどんな「感覚」からそれをどういう経緯で「かたち」にしていったのか、少し分かるのではないでしょうか。デザインは私達の生活の一番近くにあるアートかもしれません。専門の教員から話を聞くことで新しい視点を発見してみませんか。




「感覚のかたち 
   ー尾道市立大学美術学科デザインコース教員展ー」  
2019年 9月14日(土)〜 10月22日(火・祝)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

本学美術学科デザインコース教員が共通テーマ「感覚のかたち」をもとに制作した作品を通して、デザインの持つさまざまな「視点(まなざし)」を総合的に紹介する展覧会です。

【関連イベント】
ギャラリートーク
2019年10月5日(土)14:00〜16:00








「感覚のかたち」始まりました

9月14日(土)より、「感覚のかたち」が始まりました。
本展は、尾道市立大学美術学科デザインコースの教員企画による展覧会です。グラフィックデザイン、アドバタイジング、イラストレーション、立体造形、映像という5つの専門領域より、本やポスター、パッケージデザインから、紙と鉛筆による平面作品、金属や木、漆芸、3Dプリンターを用いた立体造形作品、そして大画面の映像作品まで、多種多様な作品を展示しています。











デザインは私たちの生活の近くに溢れていて、その全てに誰かの視点(まなざし)と手から生まれた想いが加えられていることを、改めて意識することができます。
デザインコース教員それぞれの「感覚のかたち」が並ぶ空間に身を置くと、懐かしさや新鮮さ、温かみや美しさ、自分の感覚まで豊かになるようです。
芸術の秋を、当館で過ごしてみませんか。10月5日(土)にはギャラリートークも開催します。皆さまのご来館お待ちしております。




「感覚のかたち 
   ー尾道市立大学美術学科デザインコース教員展ー」  
2019年 9月14日(土)〜 10月22日(火・祝)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

本学美術学科デザインコース教員が共通テーマ「感覚のかたち」をもとに制作した作品を通して、デザインの持つさまざまな「視点(まなざし)」を総合的に紹介する展覧会です。

【関連イベント】
ギャラリートーク
2019年10月5日(土)14:00〜16:00









子ども学芸員の旅2019

7月31日と8月1日の2日間、尾道市美術館ネットワーク夏休み特別企画「子ども学芸員の旅2019」を開催しました。
 当館は「アート刑事〜美術館の謎を解き明かせ!〜」と題したレクチャーを実施しました。講師は油画専攻の大学院生2名がつとめました。


まずは班ごとに暗号の入った封筒が配られ、解読したヒントをもとに調査(鑑賞)する作品のもとへたどり着きます。



作品にたどり着いたら、ミッションが書かれたカードに従って作品を調査していきます。カードと同じ色のふせんを使ってひとりひとりの考えを書き出し、意見をまとめていきます。館内では賑やかな子どもたちの声でいっぱいです。




最後のミッションは、作品の名前とも言える「タイトル」をつけること。たくさん素敵なタイトルを考えることができました!




調査が終わったらアートけいさつ手帳をつくりました。調査の時の賑やかな雰囲気から一変、似顔絵を描き始めるとみんな静かに集中しています。子どもたちの切り替えの早さと集中力の高さに驚きました。




アートけいさつ手帳ができたら、ゆったり館内を見てもらい、レクチャー終了!みんなアート刑事として立派に調査できましたね!!!これからも、想像力を働かせたり疑問を持ったりして、じっくり作品に向き合って鑑賞の楽しさを味わってほしいなと思います。



8月31日(土)から9月8日(日)までの期間、各館のワークショップなどでつくられた作品を、広島県尾道市向島町にある「尾道市民センターむかいしま(こころ)」にて展示します。子どもたちの充実した2日間の様子を、ぜひご覧ください。

*「子ども学芸員の旅」について
尾道市内の美術館・博物館6館が主催する美術館体験型学習企画。
市内在住の小学46年生が、12日で市内美術館・博物館・文化施設を巡り、作品鑑賞やワークショップ など、各館の特長や展覧会の内容を活かしたプログラムを体験できるものとなっています。今年で12回目をむかえました。




「尾道市立大学 美術学科
   Curriculum  ー授業作品展ー」  
2019年 7月13日(土)〜 8月18日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインの3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。

【関連イベント】
「尾道市立大学オープンキャンパス」
2019年8月11日(日・祝)10:00〜16:00
在学生代表が作品や課題について、来場された皆さまの質問にお答えします。









「Curriculum −授業作品展−」開催中です

7月13日(土)より、「Curriculum −授業作品展−」開催しております。
授業作品展ということもあり、在学生や高校生が団体で来館されるなど、多くの方にお越しいただいています。

尾道市立大学では、1年次に日本画・油画・デザイン全ての課題を経験するという、珍しいカリキュラムを実施しております。2年次からは各コースに分かれて、より専門的に学んでいくのですが、1年生の時に経験した、他コース課題から自分の表現を模索する経験も、活かされているのではないかと思います。

第一展示室では1年生の作品を展示しています。
入学してすぐ、4週間かけての樹根デッサンに取り組みます。


第二展示室では、日本画・油画コースの作品を主に展示しています。
素描作品から大作まで、多彩な表現が並びます。


第三展示室はデザインコースの作品を展示しています。
アイディアを形にできることは、ワクワクします。



話が変わるのですが、今日の午前中に尾道の上空をブルーインパルスが飛ぶということで、近くの漁港まで見に行ってみました。
2機のブルーインパルスが、青空をまっすぐ飛ぶ様子は見ていてとても気持ちよく感じました。丸やハートの形を空に描くなど。上空ではものすごいスピードで目印もない中、さすがの技術に感動もしました。








梅雨が開けたとたんに、猛暑がやってきました。外の暑さに負けないくらい、学生たちの熱のこもった作品をみながら、涼しい館内でゆっくりと過ごしていただけたらと思います。皆さまのご来館、お待ちしております。







「尾道市立大学 美術学科
   Curriculum  ー授業作品展ー」  
2019年 7月13日(土)〜 8月18日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインの3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。

【関連イベント】
「尾道市立大学オープンキャンパス」
2019年8月11日(日・祝)10:00〜16:00
在学生代表が作品や課題について、来場された皆さまの質問にお答えします。










7/12(土)より「Curriculum −授業作品展−」開催します

7月12日(土)より、「Curriculum −授業作品展−」を開催します。
本展はその名のとおり、尾道市立大学美術学科の教育課程(カリキュラム)の中で制作された諸作品を通して、日本画・油画・デザインの各コースでの取り組みをご紹介するものです。絵画やデッサン、立体やイラスト、映像など、約300点の様々な作品から大学での様子を垣間見ていただくことができます。また課題の枠組みの中で、いかに個性的で魅力的な作品が生み出されているのかにも、ぜひご注目ください。

多くの皆さまのご来館を、お待ちしております。










「尾道市立大学 美術学科
   Curriculum  ー授業作品展ー」  
2019年 7月13日(土)〜 8月18日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日

1年次から大学院までの、日本画・油画・デザインの3コースのカリキュラムで制作された作品を展示。美術学科の教育の全体像をご覧いただけます。

【関連イベント】
「尾道市立大学オープンキャンパス」
2019年8月11日(日・祝)10:00〜16:00
在学生代表が作品や課題について、来場された皆さまの質問にお答えします。


「進級制作展ーつぼみ burĝonoー」6/23までです

「進級制作展ーつぼみ burĝonoー」の会期も6月23日(日)までとなりました。
現在大学院2年生の16名が、院1年時に制作した作品を中心に展示しております。日本画・油画・デザインの各コースでの取り組みの違いはもちろん、風景や人物、動植物を描いた作品や、映像、イラストなど表現も各コース内でさらに多様な作品が並びます。
中には座って作品の一部になって鑑賞したり、手にとって読む作品、会期中に変化していく作品もあります。







2020年2月に開催の修了制作展へ向けて、残りの学生生活を充実したものにできるよう、ご来館いただいた皆さまの声を力に、応援お願いいたします。
一人ひとりの秘めている魅力や目標に触れながら、ゆっくりとお過ごしいただければ幸いです。




「尾道市立大学大学院美術研究科
   進級制作展 ーつぼみ burĝonoー 」  

2019年 5月25日(土)〜 6月23日(日)

開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日
同時開催:尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
大学院で専門的に制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、院1年時の制作を発表します。蕾は多くの可能性をひめているものの象徴であり、そこに現在の私たちを重ねました。大学院で日々自身の目標の開花を目指し制作している私たちの作品を展示します。

【会期中イベント】
「P.eroding」櫻庭健 公開制作
不定期開催
会場:MOU尾道市立大学美術館