会期中イベントのご案内

本日は、尾道市立大学の学位記授与式が行われました。
卒業生の皆さん、修了生の皆さん、誠におめでとうございます。
尾道で学び、過ごした日々は、これからの皆さんにとって軸となり支えとなる経験と時間になったことと思います。尾道に来るときは、ぜひ当館にも寄ってくださいね。
またさらに成長した皆さんの姿に会えること、楽しみにしています。



「はじまりのかたち−素描−」は、3月2日より開催しております。
4月は関連イベントを3つ予定して、皆様のお越しをお待ちしています。

まず1つ目は、4月4日(木・特別開館)14時より『座談会「素描をめぐって」』です。
本学美術学科教員による座談会で、制作の基礎練習ともなる素描や、制作過程やカリキュラムの中で生まれる素描、そして作家・デザイナーとしても活動する教員にとっての素描とは何か?様々な視点から「はじまりのかたち−素描−」についての意見交換を予定しています。





2つ目は、4月13日(土)16時より『沈黙研究会』です。
本学日本文学科 藤本真理子先生と、美術学科 西嶋亜美先生による公開研究会です。
間、空白、沈黙…等といった否定的契機を切り口として、言語学と美術理論を道具として、会場でゲストや皆さまと共に楽しみます。
トリミングされた外側のこと、没案として切り捨てられるものに、あえて焦点を当ててみる。また、美術館はどうして静かに過ごさなくてはいけないの?という美術館での振る舞いについても再考します。
何気なく見過ごしてしまうこと、当たり前にしてしまうことを、一緒に拾い上げてみましょう。




3つ目は、4月28日(日)14時より『ワークショップ「滲みから始まる世界」』です。
講師は、本学修了生の菅原瑶子さんです。作家としても活躍する菅原さんの制作(絵の具の偶然の滲みをはじまりとして、そこから生き物や風景等を見つけて描き、新たな世界を生み出す)を一緒に体験します。
以前、小学生を対象に行ったことがありますが、次々に生き物やキャラクターを見つけ出す様子は、大人が見ていて懐かしい感覚でもありました。お子さまから大人まで、幅広く楽しんでいただける内容となっておりますので、ぜひ気軽にご参加ください。





<展覧会概要>
「はじまりのかたち ー素描ー」  

2019年 3月2日(土)〜 5月6日(月・祝)

開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日(祝日開館)
※特別開館4月4日(木)

造形作家やデザイナーとして活躍する教員の素描を、学生の作品とあわせて広く展示します。また、石膏や写生デッサン、下図といった従来の素描展での展示内容に加え、準備段階のスケッチや構想メモ、アイディアノートや写真によるメモ、作業途中の修正指示をも幅広く「素描」としてとらえなおして提示します。


【会期中イベント】
◎「素描をめぐって」
4月4日(木)14:00〜
内容:美術学科教員による座談会

参加無料・予約不要

◎「沈黙研究会」日本文学科教員 藤本真理子×美術学科教員 西嶋亜美
4月13日(土)16:00〜
内容:ことばと美術の分野横断的な立場から、「無」をキーワードに素描と展覧会を読み解きます。
参加無料・予約不要

◎ワークショップ「滲みからはじまる世界」
4月28日(日)14:00〜
講師:菅原瑶子
内容:滲んだ絵の具のかたちをはじまりとして、そこから見つかる世界を描きます。
参加費:500円
※ご予約・お問い合わせは当館まで(0848-20-7831)









「はじまりのかたち−素描−」始まりました

3月2日(土)より、「はじまりのかたち−素描−」を開催しています。
本展は二年に一度、学生の授業作品の中から「はじまりのかたち」に沿った作品を選出し、展示していました。今回は特別編として、学生の作品に加え、教員の作品も展示しています。また「素描」について広く捉え直しながら作品を収集し、3章に分類しました。

まず、「素描」と聞いた時に思い浮かぶのは、紙に鉛筆などで描かれた絵ではないでしょうか。
作家が見たものや感じたことを自身の「手」によって描くことで、改めて自分の作品として「目」にすることができます。その一歩から、新たな作品や制作が始まっていきます。
そこから「素描」とは「はじまりのかたち」であると考えました。




第一展示室は、一章「世界に触れる」です。
自然光の入る明るい部屋には、作家が出会ったもの・感じたことを留めておくために描かれた、人物クロッキーや旅の写生ノートなどがあります。美しい・気になる・おもしろい、、、対象に惹かれた一瞬を逃さないために描かれた作品が並びます。







第二展示室は、二章「収集・整理・精製」です。
広くて天井の高い部屋には、壁や台に所狭しと作品が並びます。自分の表現とは何かを探るために100枚を超えて描かれ続けていく作品。CMやロゴマークの制作のために、一つずつ情報を整えていく様子や、日本画制作における数々の手順。長い時間をかけて一枚に向き合う集中力。作品が完成するまでのプロセスや、見過ごしているところはないか、様々なアプローチで探る制作を見ていただくことができます。





また、この度は日本文学科の光原百合教授のご厚意により、同じ芸術である文学の「はじまりのかたち」を知るために、校正原稿を出品していただきました。わずかな言い回しの違いや、言葉選びによって、作品の印象が変わってくる面白さや奥深さを知ることができます。本展の為の書き下ろしで、ある画家の話です。展示空間で読むと、より一層作品世界に入り込むことができます。






第三展示室は、三章「内側を覗く」です。
一番奥にある小さな部屋は、作家の頭の中につながっています。作家の想像力や考え、独自のルールなどを知ることができます。多数のアイデアスケッチや展覧会模型等、頭の中にしまいっぱなしにするのではなく、外に出して見ることで新たな創作のヒントになっていきます。





私達が普段、美術館などで目にするのは完成された作品です。それらの作品ができあがるまでには、こんなにも多くの過程を経ているということ。また、教員や学生たちは普段からどんな物事に出会い、考えながら過ごしているのか。本展ではそれらの多くを知ることができます。
今後の作品鑑賞の際にも、目の前にある作品の裏側や内側を想像しながらみていただくことができれば、より豊かな鑑賞経験になるのではないでしょうか。
面白がりながら、みていただけたら幸いです。4月はイベントも目白押しです。皆さまのご来館お待ちしております。




<展覧会概要>
「はじまりのかたち ー素描ー」  

2019年 3月2日(土)〜 5月6日(月・祝)

開館時間 10:00〜18:00
入館無料
休館日 水・木曜日(祝日開館)
※特別開館4月4日(木)

造形作家やデザイナーとして活躍する教員の素描を、学生の作品とあわせて広く展示します。また、石膏や写生デッサン、下図といった従来の素描展での展示内容に加え、準備段階のスケッチや構想メモ、アイディアノートや写真によるメモ、作業途中の修正指示をも幅広く「素描」としてとらえなおして提示します。


【会期中イベント】
◎「素描をめぐって」
4月4日(木)14:00〜
内容:美術学科教員による座談会

参加無料・予約不要

◎「沈黙研究会」日本文学科教員 藤本真理子×美術学科教員 西嶋亜美
4月13日(土)16:00〜
内容:ことばと美術の分野横断的な立場から、「無」をキーワードに素描と展覧会を読み解きます。
参加無料・予約不要

◎ワークショップ「滲みからはじまる世界」
4月28日(日)14:00〜
講師:菅原瑶子
内容:滲んだ絵の具のかたちをはじまりとして、そこから見つかる世界を描きます。
参加費:500円
※ご予約・お問い合わせは当館まで(0848-20-7831)





修了制作展ギャラリートーク

2月11日、当館にて修了制作展ギャラリートークを開催しました。
朝にはまだ雪が残る足元の悪いなか、70名を超える多くの方にご参加いただくことができました。誠にありがとうございました。修了生にとっても、大きな励みになったことと思います。


ギャラリートークは第一展示室から始まりました。


デザインコース修了生の作品は、日本文学科4年生が書いた短歌の歌集とポスターです。
4冊にまとめられた歌集は、様々な形や表紙、文字組みで作られ、ポスターは短冊をイメージした縦長の形です。作家と何度もやり取りを重ねながら、限られた文字数の中で綴られる言葉を読み取り、それを形にしていく工程は、丁寧で慎重な一歩ずつの積み重ねだったのではないでしょうか。「『画家』としての自分らしさと『デザイナー』としての自分の立ち位置を探りながら進めていきました」という話からも、どちらかを妥協することのない制作の苦労は、大きかったのではないかと想像されます。
ポスターの柔らかなグラデーションは見ていてとても心地よく、歌集の中の言葉たちは視線の動きに合わせて静かに胸に届いてきました。




日本画コースの模写は、実際に見た壁画の色を頭に叩き込み、多くの資料を参考にしながら描いていきます。部分に集中するだけでなく、全体を見渡すこと。いくつもの工程を経ながら、本当に少しずつ進めていくことは、自身の忍耐力や根性を鍛える機会となったそうです。朝から晩まで制作した1年近い期間は、自分と向き合う時間でもあったようで、「写すことだけが目的ではなく、自分を知る経験となった」という言葉がとても印象的でした。心身を削るような日々はきっと想像以上に壮絶で、だからこそ得られた経験は計り知れないほど、大きく豊かだろうと思いました。



第二展示室には、日本画・油画コースの自主制作が展示されています。



日本画コースのトークでは、興味を持っていたものを具体的にするため、モチーフを探したこと。なくなってしまうものを描くことで画面の中に留めること。悩んでいる自分の状況を、そのまま画面に投影すること。自分を出さないように、引っかからないような画面を目指すこと。
日本画の柔らかな色彩や、岩絵の具を重ねてできる凹凸の力強さ、絵筆の線から覗くクセの形。人がすっぽり隠れてしまうほどの大きな画面の端々から、画面の前で絵筆を動かす作家(修了生)本人の姿が浮かんでくるようです。





油画コースのトークでは、自分にとってのリアリティとは何かと、頭の中にある景色を描いた作品。自分にしか気づけない日常のふとした瞬間を再構成して描くことで、実物とは離れていくが、瞬間の印象には近づいていく距離。自分のことなのに、曖昧になっていく記憶の不思議な不安感。学生という学びの時期に、苦手なことを克服するために。
油画コースの作品は、展示方法への工夫もそれぞれ見ることができます。一色一色、一筆一筆に必然性を込めながら制作した作品の、最後の仕上げは展示であると教わりました。



本人にしか分からない苦労や葛藤があり、また楽しみや喜びも、この6年間を通してそれぞれにあったと思います。大きな節目を迎えた修了生たちに、これからデザイナーや作家として歩んでいくための豊かな経験と成長ができたんだね、と声をかけてあげられるくらい、頼もしい姿でした。



卒業・修了制作展は2月17日(日)まで、無休で開催しております
ぜひ各会場へ足を運んでいただき、今後の卒業生・修了生の活躍を、引き続きご注目ください。




<展覧会概要>

「尾道市立大学美術学科

第15回卒業制作展・第13回修了制作展」  
2019年 2月8日(金)〜 2月17日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入場無料・会期中無休
※当館では、修了制作作品を展示します。

【 他会場 】
<卒業制作展>尾道市立美術館(尾道市西土堂町17-19 千光寺公園内)
開館時間 9:00-17:00 ※ 入館は16:30まで

<修了制作展>尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
開館時間 10:00-18:00


会期中イベント】
◎ギャラリートークは、全会場とも終了いたしました。

◎スタンプラリー
3館全てのスタンプを集めると、オリジナル缶バッチをプレゼントします!









「修了制作展」明日から始まります!

明日、2月8日(金)より当館と尾道市立大学サテライトスタジオでは、
「第13回 尾道市立大学大学院美術研究科 修了制作展」を開催いたします。
修了生や後輩たちの手によって、展示空間が着々と出来上がっています。

 サテライトスタジオ展示作業風景

後輩がたくさんお手伝いに来てくれて、心強いです

作品のレイアウトは、全て本人が考えます



昨年の6月に当館で進級制作展を行った大学院生たちが、修了生としてさらに成長して展示を行います。
納得のいく作品を作るだけでなく、制作について考えたことや想いを伝えるために、展示で作品をどう見せるかも、とても重要な意味を持ちます。本人だからわかること、他者からの視点だから気づくこと、皆で話し合って協力しながら頑張っています。

これから大きく羽ばたいていく門出を、会場へ足を運ぶことで応援していただけたら幸いです。

また、「第15回 尾道市立大学芸術文化学部美術学科 卒業制作展」を尾道市立美術館で同時開催
いたします。合わせてぜひ、ご覧ください。

会期中には、各会場にてギャラリートークやスタンプラリーも行われますので、要チェックです!




<展覧会概要>

「尾道市立大学美術学科

第15回卒業制作展・第13回修了制作展」  
2019年 2月8日(金)〜 2月17日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入場無料・会期中無休
※当館では、修了制作作品を展示します。

【 他会場 】
<卒業制作展>尾道市立美術館(尾道市西土堂町17-19 千光寺公園内)
開館時間 9:00-17:00 ※ 入館は16:30まで

<修了制作展>尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
開館時間 10:00-18:00


【会期中イベント】
卒業制作展ギャラリートーク
2月9日(土)
日本画コース/13:30〜
油画コース/14:30〜
2月10日(日)
デザインコース/13:30〜
※場所はいずれも尾道市立美術館
◎修了制作展ギャラリートーク

2月11日(月・祝)
13:30〜 MOU尾道市立大学美術館

◎スタンプラリー
3館全てのスタンプを集めると、オリジナル缶バッチをプレゼントします。









「第四回 揺籃展」ギャラリートーク、会期終了しました

昨年の12月から開催しておりました「第四回 揺籃展」は、同時開催のサテライトスタジオと共に多くの方にご来館いただくことができました。どうもありがとうございました。


最終日(1/20)の14時より、出品者によるギャラリートークを開催いたしました。
21名中15名の作家が県内外より来館し、展示作品や制作について語り、欠席された方のお手紙を代読され、とても丁寧なトークをしてくださいました。


植物や金魚、食べ物など実物を見ながら描くことで、どれだけ対象に近づき魅力を引き出すか、
どれだけ理想的な画面に仕上げていくかの追求。
貝に描いたり、金箔を細く切る等の画材の工夫。
本展の展覧会名「揺籃」に寄り添った作品や、タイトルに込められた想い。
作品に背中を押され、絵のことをとことん考えたこと。
色々なお話を伺うことができました。






大学院を修了して社会に出ると、学生の頃のように毎日朝から晩まで絵を描くことは難しくなります。ですが、現在の環境があるからこそ出会うものがあって、考えることや感じることがあって、
作品の幅は広がっていきます。
生活と制作が近く存在し、描く時間とできあがる作品は作家の皆さんにとって、なくてはならない大切なものであることは、学生の頃から今も変わっていないと、言葉の端々から伝わってきました。

「第五回 揺籃展」の開催と、皆さまの今後のご活躍を楽しみにしております。
出品者の皆さま、どうもありがとうございました。



次回は、まさにこれから羽ばたかんとする、尾道市立大学卒業生・修了生による制作展を,
市内3会場にて開催いたします。当館では、修了制作作品を展示いたします。
こちらもぜひ、お見逃しなく。よろしくお願いいたします。



<次回展覧会>

「尾道市立大学美術学科

第15回卒業制作展・第13回修了制作展」  
2019年 2月8日(金)〜 2月17日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入場無料・会期中無休
※当館では、修了制作作品を展示します。

【 他会場 】
<卒業制作展>尾道市立美術館(尾道市西土堂町17-19 千光寺公園内)
開館時間 9:00-17:00 ※ 入館は16:30まで

<修了制作展>尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
開館時間 10:00-18:00


【会期中イベント】
卒業制作展ギャラリートーク
2月9日(土)
日本画コース/13:30〜
油画コース/14:30〜
2月10日(日)
デザインコース/13:30〜
※場所はいずれも尾道市立美術館
◎修了制作展ギャラリートーク

2月11日(月・祝)
13:30〜 MOU尾道市立大学美術館

◎スタンプラリー
3館全てのスタンプを集めると、オリジナル缶バッチをプレゼントします。








ギャラリートークのご案内

現在開催中の「第四回 揺籃展」では、最終日の1月20日(日)14時より当館にて、
出品作家によるギャラリートークを開催いたします。






暖かい光を感じる風景画や、箔の上に描かれた阿吽、寄り添いたくなる人物画。。。
日本画という共通点はありながら、21名それぞれの表現はとても自由で多彩です。
一点一点と向き合い、会場の中でゆったりと時間を過ごしていると、日本画についてもっと知りたい、日本画を描いてみたいな、と思うようになります。

作家たちはどのようなことを考えながら、作品を描いているのでしょうか。
展示作品について、直接話を聞くことができる貴重な機会となっております。
皆さまのご参加をお待ちしております。


また、1月20日(日)は搬出作業のため、当館と尾道市立大学サテライトスタジオ共に
17時で閉館とさせていただきます。
両会場ともお見逃しのないよう、よろしくお願いいたします。



<現在開催中>

「第四回 揺籃展」  
2018年 12月17日(月)〜 2019年1月20日(日)
会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00〜18:00 ※最終日は17:00まで
休館日 水・木曜日 
入場無料

◎会期中イベント
ギャラリートーク 
日時:2019年1月20日(日)14:00〜
場所:MOU尾道市立大学美術館



本学大学院美術研究科日本画コース修了生による、第4回目となるグループ展です。修了後も様々に活動を続ける、作家たちの近作を展示します。









年末年始休館日のお知らせ

当館と尾道市立大学サテライトスタジオは、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)の間、休館いたします。
2019年1月4日(金)からは通常通り、午前10時~午後6時まで開館いたします。

2018年12月25日(火)  ーーーーーーーーー開館
12月26日(水)・27日(木)ーーーーーーー休館日
12月28日(金) ーーーーーーーーーーーーー開館
12月29日(土)〜2019年1月3日(木) ーー年末年始休館
1月4日(金)  ーーーーーーーーーーーーーー開館




<現在開催中>

「第4回 揺籃展」  
2018年 12月17日(月)〜 2019年1月20日(日)
会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00〜18:00
休館日 水・木曜日、12月29(土)〜1月3日(木) 
入場無料

◎会期中イベント
ギャラリートーク 
日時:2019年1月20日(日)14:00〜
場所:MOU尾道市立大学美術館



本学大学院美術研究科日本画コース修了生による、第4回目となるグループ展です。修了後も様々に活動を続ける、作家たちの近作を展示します。