ギャラリートークのお知らせ

まだ5月だというのに、半袖でちょうどいいくらいの暑い毎日ですね。
快晴の空はとてもきれいです。

只今開催中の「尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展 13—trideca—」関連イベント、
ギャラリートークがいよいよ27日(土)14時から開催されます。
出展者全員が揃うのは会期中でこの日のみとなり、それぞれが展示作品や制作について話します。
本人たちの言葉を聞くことで、そうだったのか!と思うことも多々あるかと思います。
ぜひ13名の言葉に耳を傾けに来てください。

さて今回は会期前半ということで、会場全体の写真ではなく、展示作品の中から気になる部分を
撮ってみました。
 壁にジグザク。
力強い手です。
 さわやかな色彩
紙のシワ、なんと描いてあります!

まだまだ紹介しきれない程、多くの作品にそれぞれ魅力があります。作家紹介パネルや
ポートフォリオも充実していますので、ゆっくりとお過ごしいただけたらと思います。
ご来館お待ちしています。

 



〈 現在開催中 〉
「尾道市立大学大学院美術研究科 
           進級制作展 13-trideca-

2017年 5月20日(土)〜 6月11日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 
入館無料

大学院で制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、
院1年時の制作を発表します。

【会期中イベント】
◎ギャラリートーク
5月27日(土)14:00〜
◎ワークショップ「描いて装う〜ミニ掛け軸をつくろう〜(要予約)
6月4日(日) (1)10:00〜12:00  (2)15:00〜17:00
対象:小学生以上(低学年は保護者同伴)
参加費:800円
定員:(1)、(2) 各5名ずつ
予約:MOU尾道市立大学美術館(TEL/FAX 0848-20-7831) まで
内容:自分の描いた絵に合わせて布を選んで掛け軸に仕立ててみましょう。
   掛け軸のサイズは40×20cm程度です。
   ※当日は汚れても良い服装でお越しください。
   画材はこちらでご用意しております。
講師:吉田真子(大学院美術研究科2年)








ワークショップ「描いて装う〜ミニ掛け軸を作ろう〜」

当館では、尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展 13—trideca—」を開催しております。
昨日は尾道市立大学美術学科の新入生ツアー 一行が来館し、賑やかに初日をスタートさせることが
できました。





6月4日(日)には、日本画専攻の院生によるワークショップを開催します。
講師の吉田さんに、ワークショップについてお聞きしました。

「私が掛け軸に関心を持ったきっかけは授業で3年前に掛け軸を初めて扱った時です。
巻いてある状態の掛け軸を広げていくうちに、みるみる描かれているものが姿をあらわす
という体験が印象強く心に残り、そこから、掛け軸について調べるうちに掛け軸の様々な形式や
決まりがあることを知り、普段制作する時には強く意識していなかった装い飾るということを考えるようになりました。
このワークショップでは、自ら描いたものを表装していくなかで、どの季節にどこに飾ろうかなどと想いを巡らせながら、絵を装い、飾ることの楽しみを感じていただきたいです。」



絵を描き、装い、飾るまでを一度に体験できるワークショップです。
午前、午後と一日二回開催されます、貴重な機会ですので、興味のある方はぜひ。
どうぞお気軽にお問い合わせ・ご予約お待ちしております。

「描いて装う〜ミニ掛け軸を作ろう〜」
日時:6月4日(日)      ①10:00~12:00  ②15:00~17:00
*各回5名ずつ(要予約) tel:0848-20-7831
開催場所:MOU尾道市立大学美術館
参加費:800円
講師:吉田 真子
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いします)
内容:水彩や墨を使って描いた絵をお好みの布を選んでミニ掛け軸に仕立ててみましょう。掛け軸の大きさは40×20㎝位です。
当日は汚れてもよい服装でお越しください。

 



〈 現在開催中 〉
「尾道市立大学大学院美術研究科 
           進級制作展 13-trideca-

2017年 5月20日(土)〜 6月11日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 
入館無料

大学院で制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、
院1年時の制作を発表します。


【会期中イベント】
◎ギャラリートーク
5月27日(土)14:00〜
◎ワークショップ「描いて装う〜ミニ掛け軸をつくろう〜(要予約)
6月4日(日) (1)10:00〜12:00  (2)15:00〜17:00
対象:小学生以上(低学年は保護者同伴)
参加費:800円
定員:(1)、(2) 各5名ずつ
予約:MOU尾道市立大学美術館(TEL/FAX 0848-20-7831) まで
内容:自分の描いた絵に合わせて布を選んで掛け軸に仕立ててみましょう。
   掛け軸のサイズは40×20cm程度です。
   ※当日は汚れても良い服装でお越しください。
   画材はこちらでご用意しております。
講師:吉田真子(大学院美術研究科2年)






次回展覧会のお知らせ

「尾道市立大学美術学科 教員展 —ひらかれた扉 Open Door—」終了しました。
当館と本学サテライトスタジオの各会場に足を運んでくださった皆さま、

どうもありがとうございました。
5月19日まで当館は展示入替の為、休館いたします。


次回展覧会は「尾道市立大学大学院美術研究科 進級制作展 13—trideca—」です。
今春、大学院2年に進級した日本画・油画・デザインの3領域の13名が、
大学院1年次に制作した作品を中心に展示します。
タイトルの「trideca(トリデカ)」は、化学用語で「13」という意味を持つそうです。

本展のフライヤー等のデザインをしてくれた学生によると、タイトル「trideca(トリデカ)」に関する仕掛けが隠されているそうです。化学用語という事で、プレパラートをイメージした13個の四角が、徐々に変化しています。よく見ると四角の中には「トリ」の羽もありますね。
まだ他にも隠された仕掛けがあるかもしれません。



成長著しい13名がどのように化学変化を起こしながら制作しているのか、
会場内では一体どんな化学変化がみられるか、楽しみですね。
会期中にはギャラリートークとワークショップも開催されますので、
ぜひチェックしてみてください。

 




〈 次回展覧会 〉
「尾道市立大学大学院美術研究科 
           進級制作展 13-trideca-

2017年 5月20日(土)〜 6月11日(日)

開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 
入館無料

大学院で制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、
院1年時の制作を発表します。


【会期中イベント】
◎ギャラリートーク
5月27日(土)14:00〜
◎ワークショップ「描いて装う〜ミニ掛け軸をつくろう〜(要予約)
6月4日(日) (1)10:00〜12:00  (2)15:00〜17:00
対象:小学生以上(低学年は保護者同伴)
参加費:800円
定員:(1)、(2) 各5名ずつ
予約:MOU尾道市立大学美術館(TEL/FAX 0848-20-7831) まで
内容:自分の描いた絵に合わせて布を選んで掛け軸に仕立ててみましょう。
   掛け軸のサイズは40×20cm程度です。
   ※当日は汚れても良い服装でお越しください。
   画材はこちらでご用意しております。
講師:吉田真子(大学院美術研究科2年)






尾道市立大学美術館より、卒業生・修了生の方々へお知らせ

尾道市立大学美術館運営委員会は、平成30年度(2018年度)教育・研究プロジェクト
企画展において、卒業生・修了生から企画展の募集をします。
展覧会内容は、個展・グループ展、平面・立体・写真・映像・インスタレーションなど表現方法も問わず受け付けます。

開催期間は1企画につき2~3週間の予定です。

尾道市立大学ホームページの大学美術館・自主企画展募集項目

http://www.onomichi-u.ac.jp/center/art_museum/recruitment.html?node_id=1095)を参考のうえ、エントリーをして下さい。
エントリー締切日は、平成29年(2017年)7月末日です。 
不明な点があればご連絡下さい。

【お問い合わせ先】

MOU尾道市立大学美術館
722-0045  広島県尾道市久保3-4-11
電話  0848-20-7831
E-mail oum-s@bbbn.jp

皆さんの応募をお待ちしています。




【過去開催された、自主企画展例】

<2015年9〜10月開催 /展覧会「第3回 揺展」>

<2016年2〜3月開催 /展覧会「◯月◯日の模様」>

<2016年6〜7月開催 /展覧会「uni」>




ゴールデンウィーク開館のお知らせ

当館は祝日も、休まず開館しております。
ゴールデンウィークに尾道へ旅行を考えていらっしゃる皆さま、ぜひ現在開催中の
尾道市立大学美術学科教員展−ひらかれた扉 Open Door−」にお越しください。




本展では展覧会図録を作成し、来館された皆さまに無料でお配りしております。
当館に展示されている、全教員の作品が掲載されています。表紙は本展のフライヤーデザイン
にも使用されている、扉から光が差し込む様子がデザインされ、中の写真はフルカラーで
28ページからなります。




旅行の思い出として、作品集として、お持ち帰りいただけたらと思います。また、ページの余白に、
作品をみた感想や気づき等を書き込み、自分だけの図録にされるのも良いかもしれません。




員展は隔年開催で行っておりますので、次回は二年後となります。5月7日の最終日まで休まず開館しておりますので、この機会にぜひ足を運んでいただけたらと思います。
皆さまのご来館、お待ちしております。





〈 現在開催中 〉
「尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door−」

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】
全てのイベントが盛会のうちに終了致しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


〈 次回展覧会〉
「尾道市立大学大学院美術研究科
 進級制作展 13-trideca-

2017年 5月20日(土)〜 6月11日(日)

開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 
入館無料

大学院で制作活動を行っている、日本画・油画・デザインの3領域の大学院2年生が、
院1年時の制作を発表します。

【会期中イベント】
◎ギャラリートーク
5月27日(土)14:00〜
◎ワークショップ「描いて装う〜ミニ掛け軸をつくろう〜(要予約)
6月4日(日) (1)10:00〜12:00  (2)15:00〜17:00
対象:小学生以上(低学年は保護者同伴)
参加費:800円
定員:(1)、(2) 各5名ずつ
予約:MOU尾道市立大学美術館(TEL/FAX 0848-20-7831) まで
内容:自分の描いた絵に合わせて布を選んで掛け軸に仕立ててみましょう。
   掛け軸のサイズは40×20cm程度です。
            ※当日は汚れても良い服装でお越しください。
   画材はこちらでご用意しております。
講師:吉田真子(大学院美術研究科2年)




座談会「反復と再制作」を開催しました

4月15日(土)、「尾道市立大学美術学科教員展−ひらかれた扉 Open Door−」関連イベントと
しまして、座談会を開催しました。
本学美術学科の油画・日本画・デザインコースの教員5名と司会進行として1名の教員を迎え、
各々の専門領域の視点や自身の経験から、「反復と再制作」というテーマについて話していただき
ました。
作家やデザイナーにとって、作品を繰り返し、やり直し制作すること=反復することは技術の修得や表現をより追求することに繋がります。そして自身の作品や自己イメージの展開といった創作の本質に関わる、ということが今回の座談会でのお話でした。





座談会中は、お話をされている先生の言葉のメモを取ったり、1人の発言から話が膨らんだりと、
和気あいあいとした雰囲気の中、進んでいきました。
ご参加いただいた来館者の方からの質問も交えながら、和やかな空気の中、終了しました。







各コースの垣根を越えてフランクに意見交換できる環境があるというのは、本学の魅力の一つであると思います。
先生方、ご来場くださった皆様ありがとうございました。大学美術館の今後の展覧会・イベントにもご期待ください!
本展は5月7日まで、ゴールデンウィーク中も祝日開館しております、ぜひお越しください!




〈 現在開催中 
尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】(全て終了しました)
・ギャラリートーク 4月5日(水)14:00〜 当館展示室にて
出展作家が作品を前に自作について語ります。

・座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて
作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、
技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の
本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、
座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。



座談会開催のお知らせ

桜の花びらが舞い、色とりどりの花が咲き、尾道にも色彩鮮やかな春がやってきています。
そんなお出かけ日和の中当館では、開催中の「尾道市立大学美術学科教員展—ひらかれた扉 Open Door—」 関連イベントとしまして、座談会を開催いたします。
出展作家から5名、また司会進行として1名の教員に登壇いただき、「反復と再制作」というテーマを設け、お話しいただきます。制作について、先生方それぞれの想いや考えを聞くことができる貴重な機会です。お話を聞くと、展示されている作品やこれから出会う作品も、また違った見え方が出来るかもしれません。
新しい季節の始まりに、ぜひご参加いただけたらと思います。

<概要>
座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて

作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。

登壇者(予定)中村 譲/日本画コース/教授
矢野 哲也/油画コース/教授
野崎 眞澄/デザインコース/教授
小野 環/油画コース/准教授
黒田 教裕/デザインコース/講師
西嶋 亜美/西洋美術史/講師





〈 現在開催中 
尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】
・ギャラリートーク 4月5日(水)14:00〜 当館展示室にて
出展作家が作品を前に自作について語ります。

・座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて
作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、
技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の
本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、
座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。