修了制作展ギャラリートーク

2月11日、当館にて修了制作展ギャラリートークを開催しました。
朝にはまだ雪が残る足元の悪いなか、70名を超える多くの方にご参加いただくことができました。誠にありがとうございました。修了生にとっても、大きな励みになったことと思います。


ギャラリートークは第一展示室から始まりました。


デザインコース修了生の作品は、日本文学科4年生が書いた短歌の歌集とポスターです。
4冊にまとめられた歌集は、様々な形や表紙、文字組みで作られ、ポスターは短冊をイメージした縦長の形です。作家と何度もやり取りを重ねながら、限られた文字数の中で綴られる言葉を読み取り、それを形にしていく工程は、丁寧で慎重な一歩ずつの積み重ねだったのではないでしょうか。「『画家』としての自分らしさと『デザイナー』としての自分の立ち位置を探りながら進めていきました」という話からも、どちらかを妥協することのない制作の苦労は、大きかったのではないかと想像されます。
ポスターの柔らかなグラデーションは見ていてとても心地よく、歌集の中の言葉たちは視線の動きに合わせて静かに胸に届いてきました。




日本画コースの模写は、実際に見た壁画の色を頭に叩き込み、多くの資料を参考にしながら描いていきます。部分に集中するだけでなく、全体を見渡すこと。いくつもの工程を経ながら、本当に少しずつ進めていくことは、自身の忍耐力や根性を鍛える機会となったそうです。朝から晩まで制作した1年近い期間は、自分と向き合う時間でもあったようで、「写すことだけが目的ではなく、自分を知る経験となった」という言葉がとても印象的でした。心身を削るような日々はきっと想像以上に壮絶で、だからこそ得られた経験は計り知れないほど、大きく豊かだろうと思いました。



第二展示室には、日本画・油画コースの自主制作が展示されています。



日本画コースのトークでは、興味を持っていたものを具体的にするため、モチーフを探したこと。なくなってしまうものを描くことで画面の中に留めること。悩んでいる自分の状況を、そのまま画面に投影すること。自分を出さないように、引っかからないような画面を目指すこと。
日本画の柔らかな色彩や、岩絵の具を重ねてできる凹凸の力強さ、絵筆の線から覗くクセの形。人がすっぽり隠れてしまうほどの大きな画面の端々から、画面の前で絵筆を動かす作家(修了生)本人の姿が浮かんでくるようです。





油画コースのトークでは、自分にとってのリアリティとは何かと、頭の中にある景色を描いた作品。自分にしか気づけない日常のふとした瞬間を再構成して描くことで、実物とは離れていくが、瞬間の印象には近づいていく距離。自分のことなのに、曖昧になっていく記憶の不思議な不安感。学生という学びの時期に、苦手なことを克服するために。
油画コースの作品は、展示方法への工夫もそれぞれ見ることができます。一色一色、一筆一筆に必然性を込めながら制作した作品の、最後の仕上げは展示であると教わりました。



本人にしか分からない苦労や葛藤があり、また楽しみや喜びも、この6年間を通してそれぞれにあったと思います。大きな節目を迎えた修了生たちに、これからデザイナーや作家として歩んでいくための豊かな経験と成長ができたんだね、と声をかけてあげられるくらい、頼もしい姿でした。



卒業・修了制作展は2月17日(日)まで、無休で開催しております
ぜひ各会場へ足を運んでいただき、今後の卒業生・修了生の活躍を、引き続きご注目ください。




<展覧会概要>

「尾道市立大学美術学科

第15回卒業制作展・第13回修了制作展」  
2019年 2月8日(金)〜 2月17日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入場無料・会期中無休
※当館では、修了制作作品を展示します。

【 他会場 】
<卒業制作展>尾道市立美術館(尾道市西土堂町17-19 千光寺公園内)
開館時間 9:00-17:00 ※ 入館は16:30まで

<修了制作展>尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
開館時間 10:00-18:00


会期中イベント】
◎ギャラリートークは、全会場とも終了いたしました。

◎スタンプラリー
3館全てのスタンプを集めると、オリジナル缶バッチをプレゼントします!









「修了制作展」明日から始まります!

明日、2月8日(金)より当館と尾道市立大学サテライトスタジオでは、
「第13回 尾道市立大学大学院美術研究科 修了制作展」を開催いたします。
修了生や後輩たちの手によって、展示空間が着々と出来上がっています。

 サテライトスタジオ展示作業風景

後輩がたくさんお手伝いに来てくれて、心強いです

作品のレイアウトは、全て本人が考えます



昨年の6月に当館で進級制作展を行った大学院生たちが、修了生としてさらに成長して展示を行います。
納得のいく作品を作るだけでなく、制作について考えたことや想いを伝えるために、展示で作品をどう見せるかも、とても重要な意味を持ちます。本人だからわかること、他者からの視点だから気づくこと、皆で話し合って協力しながら頑張っています。

これから大きく羽ばたいていく門出を、会場へ足を運ぶことで応援していただけたら幸いです。

また、「第15回 尾道市立大学芸術文化学部美術学科 卒業制作展」を尾道市立美術館で同時開催
いたします。合わせてぜひ、ご覧ください。

会期中には、各会場にてギャラリートークやスタンプラリーも行われますので、要チェックです!




<展覧会概要>

「尾道市立大学美術学科

第15回卒業制作展・第13回修了制作展」  
2019年 2月8日(金)〜 2月17日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入場無料・会期中無休
※当館では、修了制作作品を展示します。

【 他会場 】
<卒業制作展>尾道市立美術館(尾道市西土堂町17-19 千光寺公園内)
開館時間 9:00-17:00 ※ 入館は16:30まで

<修了制作展>尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
開館時間 10:00-18:00


【会期中イベント】
卒業制作展ギャラリートーク
2月9日(土)
日本画コース/13:30〜
油画コース/14:30〜
2月10日(日)
デザインコース/13:30〜
※場所はいずれも尾道市立美術館
◎修了制作展ギャラリートーク

2月11日(月・祝)
13:30〜 MOU尾道市立大学美術館

◎スタンプラリー
3館全てのスタンプを集めると、オリジナル缶バッチをプレゼントします。









「第四回 揺籃展」ギャラリートーク、会期終了しました

昨年の12月から開催しておりました「第四回 揺籃展」は、同時開催のサテライトスタジオと共に多くの方にご来館いただくことができました。どうもありがとうございました。


最終日(1/20)の14時より、出品者によるギャラリートークを開催いたしました。
21名中15名の作家が県内外より来館し、展示作品や制作について語り、欠席された方のお手紙を代読され、とても丁寧なトークをしてくださいました。


植物や金魚、食べ物など実物を見ながら描くことで、どれだけ対象に近づき魅力を引き出すか、
どれだけ理想的な画面に仕上げていくかの追求。
貝に描いたり、金箔を細く切る等の画材の工夫。
本展の展覧会名「揺籃」に寄り添った作品や、タイトルに込められた想い。
作品に背中を押され、絵のことをとことん考えたこと。
色々なお話を伺うことができました。






大学院を修了して社会に出ると、学生の頃のように毎日朝から晩まで絵を描くことは難しくなります。ですが、現在の環境があるからこそ出会うものがあって、考えることや感じることがあって、
作品の幅は広がっていきます。
生活と制作が近く存在し、描く時間とできあがる作品は作家の皆さんにとって、なくてはならない大切なものであることは、学生の頃から今も変わっていないと、言葉の端々から伝わってきました。

「第五回 揺籃展」の開催と、皆さまの今後のご活躍を楽しみにしております。
出品者の皆さま、どうもありがとうございました。



次回は、まさにこれから羽ばたかんとする、尾道市立大学卒業生・修了生による制作展を,
市内3会場にて開催いたします。当館では、修了制作作品を展示いたします。
こちらもぜひ、お見逃しなく。よろしくお願いいたします。



<次回展覧会>

「尾道市立大学美術学科

第15回卒業制作展・第13回修了制作展」  
2019年 2月8日(金)〜 2月17日(日)
開館時間 10:00〜18:00
入場無料・会期中無休
※当館では、修了制作作品を展示します。

【 他会場 】
<卒業制作展>尾道市立美術館(尾道市西土堂町17-19 千光寺公園内)
開館時間 9:00-17:00 ※ 入館は16:30まで

<修了制作展>尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1-8-5)
開館時間 10:00-18:00


【会期中イベント】
卒業制作展ギャラリートーク
2月9日(土)
日本画コース/13:30〜
油画コース/14:30〜
2月10日(日)
デザインコース/13:30〜
※場所はいずれも尾道市立美術館
◎修了制作展ギャラリートーク

2月11日(月・祝)
13:30〜 MOU尾道市立大学美術館

◎スタンプラリー
3館全てのスタンプを集めると、オリジナル缶バッチをプレゼントします。








ギャラリートークのご案内

現在開催中の「第四回 揺籃展」では、最終日の1月20日(日)14時より当館にて、
出品作家によるギャラリートークを開催いたします。






暖かい光を感じる風景画や、箔の上に描かれた阿吽、寄り添いたくなる人物画。。。
日本画という共通点はありながら、21名それぞれの表現はとても自由で多彩です。
一点一点と向き合い、会場の中でゆったりと時間を過ごしていると、日本画についてもっと知りたい、日本画を描いてみたいな、と思うようになります。

作家たちはどのようなことを考えながら、作品を描いているのでしょうか。
展示作品について、直接話を聞くことができる貴重な機会となっております。
皆さまのご参加をお待ちしております。


また、1月20日(日)は搬出作業のため、当館と尾道市立大学サテライトスタジオ共に
17時で閉館とさせていただきます。
両会場ともお見逃しのないよう、よろしくお願いいたします。



<現在開催中>

「第四回 揺籃展」  
2018年 12月17日(月)〜 2019年1月20日(日)
会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00〜18:00 ※最終日は17:00まで
休館日 水・木曜日 
入場無料

◎会期中イベント
ギャラリートーク 
日時:2019年1月20日(日)14:00〜
場所:MOU尾道市立大学美術館



本学大学院美術研究科日本画コース修了生による、第4回目となるグループ展です。修了後も様々に活動を続ける、作家たちの近作を展示します。









年末年始休館日のお知らせ

当館と尾道市立大学サテライトスタジオは、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)の間、休館いたします。
2019年1月4日(金)からは通常通り、午前10時~午後6時まで開館いたします。

2018年12月25日(火)  ーーーーーーーーー開館
12月26日(水)・27日(木)ーーーーーーー休館日
12月28日(金) ーーーーーーーーーーーーー開館
12月29日(土)〜2019年1月3日(木) ーー年末年始休館
1月4日(金)  ーーーーーーーーーーーーーー開館




<現在開催中>

「第4回 揺籃展」  
2018年 12月17日(月)〜 2019年1月20日(日)
会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00〜18:00
休館日 水・木曜日、12月29(土)〜1月3日(木) 
入場無料

◎会期中イベント
ギャラリートーク 
日時:2019年1月20日(日)14:00〜
場所:MOU尾道市立大学美術館



本学大学院美術研究科日本画コース修了生による、第4回目となるグループ展です。修了後も様々に活動を続ける、作家たちの近作を展示します。




ワークショップを開催しました!

現在開催中の「第四回 揺籃展」ワークショップ『新年のお迎え準備 −ちぎり絵で亥を作ろう−』を
12月22日、本展の出品作家2名が企画し、講師として開催しました。




このワークショップでは、岩絵具を塗った麻紙で来年の干支『亥』をちぎり絵でつくります。
机の上には、講師のお二人が準備してくださった色とりどりの麻紙が並んでいます。色紙とは違った質感や複雑な色が、見ていてワクワクします。




まずは、「日本画って何?」というところから、実際に使われている画材を見せていただきながら、説明を受けました。麻紙や絹・膠(動物の皮を煮て作ったもの)・鉱石を砕いて作られた岩絵具の、いずれかを使ったものは最近では日本画と呼ばれるそうです。
鉱石の粒子の大きさによって、岩絵具の色が変わることも、実物を見ながらだとよく分かります。
参加された方々もメモを取りながら、熱心に聞いてくださっていました。



日本画の作品に囲まれながら、ワークショップのスタートです。
見本や、イノシシの写真・イラストを見ながら「どうしようかな」と考える時間から始まり、いざ台紙に和紙を貼り始めると皆さまの動きがどんどん積極的になっていきます。楽しいおしゃべりをしながら、お互いの作品を見て感想を伝え合いながら、楽しい時間が進んでいきます。


イノシシの毛並みがカラフルでとても素敵です!竹や松もとても丁寧に作っていらっしゃいて、和紙の素材の面白さから発見した工夫をされていました。



イノシシの踏ん張っている足がとても可愛いですね!和紙を細かくちぎられたことで現れてくる、フワフワした毛並みが優しいですね。





力作をずらりと並べて、記念写真です!
亥と新年のお迎え準備というテーマで、それぞれの個性が華やかに光りますね。新しく迎える年が、良き一年になるようにと想いも込められています。
和紙をちぎったときの毛羽立ちや、岩絵具のザラザラした質感に色の美しさ。。。実際に触れることで、日本画の魅力を体感することができました。

ご参加くださった皆さま、講師のお二人、素晴らしい作品を作り上げていく楽しい時間を、本当にありがとうございました。




<現在開催中>

「第4回 揺籃展」  
2018年 12月17日(月)〜 2019年1月20日(日)
会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00〜18:00
休館日 水・木曜日、12月29(土)〜1月3日(木) 
入場無料

◎会期中イベント
ギャラリートーク 
日時:2019年1月20日(日)14:00〜
場所:MOU尾道市立大学美術館


本学大学院美術研究科日本画コース修了生による、第4回目となるグループ展です。修了後も様々に活動を続ける、作家たちの近作を展示します。









「第四回 揺籃展」始まりました

本日、12月17日より「第四回 揺籃展」が始まりました。
本展は、尾道市立大学大学院  日本画修了生による自主企画展です。
1期生から2018年に修了した12期生までの総勢21名が出品しており、
当館とサテライトスタジオの2会場で71点を展示しています。

展覧会の名前となっている「揺籃」には、「物事のはじまり」という意味があるそうです。尾道の地で学び、それぞれ作家として歩み始めた出品者たちが、始まりの場所に立ち返り現在の自分を見つめなおすことで、今後のさらなる成長を目指す、という意味が込められています。

同じ日本画でありながら表現は多種多様で、日本画に親しみを持つことができる展覧会となっています。

12月22 日(土)には、日本画の画材である和紙や岩絵具に触れてみたい方に、ぴったりのワークショップが予定されています。
「新年のお迎え準備−ちぎり絵で亥を作ろう−」※要予約
日時:2018年12月22日(土)14:00〜
参加費:500円 
定員:10名程度(先着順)
場所:MOU尾道市立大学美術館
お申込み:MOU尾道市立大学美術館(TEL/FAX  0848-20-7831)
内容:岩絵の具を塗った麻紙で来年の干支、亥をちぎり絵で作成します。
こちらは予約が必要となります。興味のある方は、どうぞお気軽に当館までお問い合わせください。
皆さまのご参加、ご来館をお待ちしております。



<現在開催中>

「第4回 揺籃展」  
2018年 12月17日(月)〜 2019年1月20日(日)
会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00〜18:00
休館日 水・木曜日、12月29(土)〜1月3日(木) 
入場無料

◎会期中イベント
ワークショップ「新年のお迎え準備−ちぎり絵で亥を作ろう−」
※要予約
日時:2018年12月22日(土)14:00〜
参加費:500円 
定員:10名程度(先着順)
場所:MOU尾道市立大学美術館
お申込み:MOU尾道市立大学美術館(TEL/FAX  0848-20-7831)
内容:岩絵の具を塗った麻紙で来年の干支、亥をちぎり絵で作成します。

ギャラリートーク 
日時:2019年1月20日(日)14:00〜
場所:MOU尾道市立大学美術館


本学大学院美術研究科日本画コース修了生による、第4回目となるグループ展です。修了後も様々に活動を続ける、作家たちの近作を展示します。